新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ATOUN、パワードウェアを使った「リモートフィットネスシステム」を開発

ATOUNとフィットネスクラブ ピノスけいはんなは2020年5月21日、「リモートフィットネスシステム」を開発したと発表した。

同システムでは、オンライン会議ツールとATOUNの歩行支援タイプのパワードウェアプロトタイプ「HIMICO」を連携。HIMICOに内蔵されているセンサーにより、ユーザーの動きや動作の回数などのアクティビティデータを取得して数値化/グラフ化し、ユーザー自身だけでなく、離れた場所にいるトレーナーにもリアルタイムで共有する。

トレーナーは、映像だけでは分かりにくい部分をデータによって補完しつつアドバイスできるほか、リモートでHIMICOを操作することでユーザーの運動にアシストや負荷を加えられ、筋力トレーニングや有酸素運動を効果的にサポートできる。

使用機器となる「パワードウェア プロトタイプ HIMICO 1.3」は、日々の歩行を助ける目的で開発された“着るロボット”だ。

トレーニング用に専用のアプリとの連携機能を搭載しており、坂道歩行で最大19.0%、階段の上りでは最大17.8%、砂地の歩行では最大30.7%の支援効果がATOUN調べで確認されている。

HIMICOを使ったトレーニングは、マシンや自体重ではトレーニングできない低体力者から、フィットネスクラブに通っている普通の体力者まで対応可能だ。筋力や歩行速度、柔軟性アップといった具体的効果に加え、運動負荷や運動速度を細かく設定できたり、動作状況や運動負荷を可視化できたりといった利点がある。

新型コロナウイルスの感染予防意識が高まり、自宅での運動が重視される状況下で、社会情勢を見極めつつできるだけ早い時期のサービス提供を目指すとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Piで家電最大8台をコントロールできるリレー拡張ボード「PiRelay 8」
  2. Motorola、充電パッド不要のスマートフォンを開発へ
  3. スイッチサイエンスが「Maker Pi RP2040」を発売
  4. ロボットを自律走行化する——360°センシング可能なLiDARセンサー「LD-AIR LiDAR」
  5. グラフェンと異なる、新たな2Dカーボン構造を発見
  6. サイズわずか18×32mm——Mouser Electronics、ESP32搭載無線通信モジュール「TinyPICO」発売
  7. 「M5StickC」で電子工作を学ぶ「はじめての『M5StickC』」発刊
  8. Excel方眼紙とM5Stackで文系サラリーマンがドット絵ゲームを自作する
  9. 「中国の人工太陽」がプラズマ温度と持続時間で世界新記録——核融合発電の重要なマイルストーン
  10. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る