新しいものづくりがわかるメディア

RSS


外部電源不要で温度調整する繊維を開発——暑いときは冷たく、寒いときは温かく

華中科技大学は、外部電源なしで、肌を温めたり冷やしたりする、丈夫で快適な繊維を開発した。この研究は2020年3月27日、『ACS Applied Materials & Interfaces』に掲載された。

これまでにも、変化する気象条件に合わせ、気温が高いときは涼しく、寒くなると暖かいという衣類が研究されている。だが、こうしたスマート衣類では、1つの生地に2つの機能性を持たせることができない。そのため電子デバイスを用いることになるが、厚手で重く、壊れる可能性もあり、また高価になるという欠点がある。加えて、外部電源も必要になる。

そこで研究チームは、こうした欠点を克服できる、実用的な布地を開発することを目指した。

まず、絹とキトサン(甲殻類の硬い外骨格から得られる材料)を凍結紡糸(freeze-spun)法により、多孔性の微細構造を持つ繊維にした。そして、熱エネルギーを吸収/放出できる相変化ポリマーであるポリエチレングリコール(PEG)で細孔を埋め、液状のPEGが漏れ出さないように、その糸をポリジメチルシロキサンでコーティングした。こうして作られた繊維は、強く、柔軟で、撥水性を備えていた。

Credit: ACS Applied Materials & Interfaces 2020, DOI: 10.1021/acsami.0c02300 Credit: ACS Applied Materials & Interfaces 2020, DOI: 10.1021/acsami.0c02300

研究チームは、この繊維をポリエステル製の手袋にパッチとして織り込み、テストをしたところ、高温の空間(122F/50℃)に手を置くと、固体のPEGが溶融して環境からの熱を吸収し、低温の空間(50F/10℃)に移動させると、PEGが熱を放出して凝固することを確認した。

この生地を作るためのプロセスは既存の繊維産業と互換性があり、大量生産にスケールアップすることができるという。このような生地を使った衣類が普及すれば、冷房や暖房に必要なエネルギーを減らす可能性もある。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  2. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  3. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  4. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  5. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功
  6. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  7. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  8. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  9. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  10. 第1回 ラズパイってなんですか

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る