新しいものづくりがわかるメディア

RSS


SPDTリレー×4搭載——「ESP32」ベースのIoTモジュール「ESP Module」

「ESP32」を搭載したIoTプロジェクト開発モジュール「ESP Module」がKickstarterに登場し、出資を募っている。

photo

ESP Moduleは、Wi-FiとBluetooth機能を内蔵した「ESP32 DEVKITC-32D」搭載のIoTモジュール。開発元は、以前Raspberry Piを使った「Pi-oT」プロジェクトを実施しているが、今回はESP32 DEVKITC-32Dを利用しており、Arduinoプログラミングやより軽量なアーキテクチャ向けのプロダクトになる。

photo

基本機能はPi-oTを踏襲しており、GPIOピンを介してSPDT(単極双投)リレー×4をコントロールする。センサーなどからアナログ信号を受け、機器の電源をリレーでオン/オフできるように作られている。エンクロージャーのねじ式端子10個以上にESP32 DEVKITC-32DのGPIOピンをブレークアウトでき、ESP32のパワーを広範なアプリケーションに活用できる。

ESP Moduleは、今なら10%オフの数量限定早割価格62ドル(約6600円)で入手できる。2020年6月の出荷を予定しており、日本への送料は23ドル(約2440円)だ。

ESP Moduleは、2020年5月30日までクラウドファンディングを実施中。5月25日時点で、2000ドル(約21万円)の目標額を上回る約2400ドル(約26万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 米海軍、強襲揚陸艦「エセックス」上で金属3Dプリンター導入実証実施
  2. 地下から無尽蔵のエネルギーを得る——MIT、強力マイクロ波を使って大深度地熱井を掘削
  3. 3Dプリントでデスクトップサイズの風洞試験装置を自作
  4. 造形サイズが2.7倍に拡大——FLASHFORGEデスクトップ家庭用3Dプリンター「Finder3」発売
  5. 特集は3Dものづくり入門——CQ出版、「トランジスタ技術」2022年9月号発売
  6. アシックス、パラメトリックデザイン手法と3Dプリント技術を活用した「ACTIBREEZE 3D SANDAL」を開発
  7. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  8. DLP光造形3Dプリンター「RAYSHAPE」、サンステラ3Dモールで取り扱い開始
  9. スイッチサイエンスがM5Stackの工業用途向け開発プラットフォーム「M5Station」を販売開始
  10. DLP光造形3Dプリンター「RAYSHAPE」、サンステラ3Dモールで取り扱い開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る