新しいものづくりがわかるメディア

RSS


弦ごとのコントロールも可能——エレキギター用光学式ピックアップ「ōPik」

エレクトリックギターに取り付けて、音色をカスタマイズできる光学ピックアップ「ōPik」がKickstarterに登場し、出資を募っている。

photo

弦の振動を拾って電気信号に変換するピックアップは、エレキギターの心臓部ともいえる。一般的なピックアップは、電磁誘導の原理を使い、金属製の弦の振動を磁気コイルで検知するものだが、ōPikは赤外線LEDとフォトダイオードで弦の動きを検知する光学式ピックアップだ。

photo

光学式の特徴として、磁気式より応答が速く、弦の動きが磁力に影響されないので、余韻(サステイン)が長い。また独自の光学フィルターにより、外光やステージの照明の影響を受けることなく演奏できるという。さらに、エレキギターで一般的なスチール弦だけではなく、非磁性体のナイロン弦にも対応できる。そのため、1本のギターに様々な種類の弦を張って鳴らすこともできる。

photo

音量やカットオフ周波数の設定は、スマートフォンから操作する。アプリはBluetooth接続。1弦ごとに調整可能で、設定を保存したり、他のギターや友達ともシェアできる。エフェクターとの相性も良く、弦ごとに出力を調整しながらクリアで思い通りのエフェクトをかけることができるとしている。

photo

大きさは69×37×19mm、標準的なハムバッカータイプのスロットがあれば、簡単に交換できる。

photo

電源アダプターと専用の9V電源ボックスから、ギターとアンプに給電する。電源ボックスの大きさは111×60×32mmで、ギターにはTRSケーブル、アンプにはTSケーブルで接続する。

photo

早割価格は219ドル(約2万3600円)。出荷は2020年10月の予定で、日本への送料は33ドル(約3600円)だ。

ōPikは、2020年6月8日までクラウドファンディングを実施中。5月28日時点で、目標額2万960ドル(約224万円)に対して、約2万8000ドル(約300万円)を集め、プロジェクトを達成している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ビルを巨大な電池に変える——再生可能エネルギーを蓄えるセメントベースのバッテリーを開発
  2. Raspberry Piで画像認識AIを作る——機械学習開発キット「Microsoft Machine Learning Kit for Lobe」
  3. Raspberry PiでLEDを自動監視——TOKAIコミュニケーションズ「LED 監視自動化サービス」提供開始
  4. エネルギー損失なく海水から飲料水を生成できる蒸発装置が登場——水資源に恵まれない地域の水問題を解決
  5. 造形速度毎秒250mm——サンステラ、FFF方式3Dプリンター「Creality 3D Ender-7」発売
  6. スイッチサイエンス、冷却効果に優れる「Raspberry Pi 4用 デュアルファン アルミケース」を発売
  7. Markforged、新型3Dプリンター「FX20」の発表を予告
  8. 3Dプリンターと大判プリンターでオリジナルのテントをつくる
  9. お手頃価格なのに業務用レベルの3Dスキャナー「Sense Pro+」が登場
  10. スイッチサイエンスが「Pico Explorer Base」などRaspberry Pi Pico関連3製品を発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る