新しいものづくりがわかるメディア

RSS


デジタルキープラットフォーム「bitkey platform」、顔認証機能を正式に提供開始

ビットキーは2020年5月28日、 ID連携/認証と権利処理のデジタルキープラットフォーム「bitkey platform」における顔認証機能の提供を正式に開始した。

bitkey platformは、認証/認可、ID連携、分散システム、暗号化技術などを研究し、独自に組み合わせたID連携/認証と権利処理のデジタルキープラットフォームだ。認証方法は今回追加された顔認証に加え、パスワードやスマートフォンの端末認証など複数を用意しており、必要なセキュリティレベルに応じて組み合わせられる。

今回の顔認証の提供開始により、bitkey platformとつながるコネクテッドパートナーは最短数日で非接触認証の利用が可能になる。また、同社が開発するスマートロック「bitlockシリーズ」でも、スマートフォンやICカードなど既存の解錠方法に加えて顔認証機能が利用できるようになる。

bitkey platformでは、機密性の高い情報は、利用しているクラウド環境から閉域接続したデータセンターで管理。データセンターは、ISO27001取得に加えてSTAR認証を取得した事業者が運営する。

また、インターネットを介したサーバー認証を使用しなくても認証できるため、オフラインで認証可能なことも特徴だ。認証の速度が早い上に、ネットワークが混雑しているイベント会場や、ネットワークが届きにくい建物の地下、山間部などでも影響を受けずに利用できる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Piで家電最大8台をコントロールできるリレー拡張ボード「PiRelay 8」
  2. Motorola、充電パッド不要のスマートフォンを開発へ
  3. スイッチサイエンスが「Maker Pi RP2040」を発売
  4. ロボットを自律走行化する——360°センシング可能なLiDARセンサー「LD-AIR LiDAR」
  5. グラフェンと異なる、新たな2Dカーボン構造を発見
  6. サイズわずか18×32mm——Mouser Electronics、ESP32搭載無線通信モジュール「TinyPICO」発売
  7. 「M5StickC」で電子工作を学ぶ「はじめての『M5StickC』」発刊
  8. Excel方眼紙とM5Stackで文系サラリーマンがドット絵ゲームを自作する
  9. 「中国の人工太陽」がプラズマ温度と持続時間で世界新記録——核融合発電の重要なマイルストーン
  10. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る