新しいものづくりがわかるメディア

RSS


水稲農家へのアグリテック製品の普及へ、笑農和がアグリテック検証/実証請負サービス開始

笑農和は2020年6月1日から、農家への最先端アグリテック関連企業の製品/サービスを指定の水田に導入し、その成果を検証できるサービスを開始する。

アグリテック製品の課題は、実際の水田で利用した際に、天候や使用状況などによりトラブルが発生することだった。同社は「実際の水田でどれだけ使い倒し検証できるかが、今後アグリテック製品の普及を進める上でのポイント」と判断し、同サービスを立ち上げた。

このサービスが目指すのは、アグリテック製品の普及を進めたい企業と、IoT製品を導入し作業効率の向上を図りたい農家との橋渡しだ。IoT製品の使用に長けた専門業者がサービスを実証/検証し、企業にフィードバックすることで、企業側はより良い製品にバージョンアップできる。一方、農家側は導入コストの負担ゼロで製品を試せる。

実証農家の条件は富山県内の農家であること。初年度は富山県内の2実証先からスタートし、新規募集は実施しない。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 小型バーコードスキャナーを作れるRaspberry Pi用拡張ボード「Zero Barcode HAT」
  2. 電源不要! ソーラーIoTデバイスを3万円台で作ってみた
  3. スイッチサイエンスが「Raspberry Pi Pico」新製品を販売開始
  4. ELEGOO、10インチ8KモノクロLCD搭載3Dプリンター「Saturn 2 8K」の先行予約を開始
  5. 独自のアルゴリズムで不可能を可能に——3Dプリントでエアロスパイクロケットの実用化を目指す
  6. ペットボトルを1週間で分解——プラごみの環境問題を解決するプラスチック分解酵素を発見
  7. 荒れた海でも水面近くを飛行できる——米軍の新型水上機「Liberty Lifter」
  8. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  9. 品質を維持したまま造形速度を2倍に——ミシガン大学発、3Dプリンター用ソフトウェア「FBS」
  10. 無電源で現場を監視——広角レンズ搭載のIoT自動撮影カメラ「ハイクカム LS4G」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る