新しいものづくりがわかるメディア

RSS


水稲農家へのアグリテック製品の普及へ、笑農和がアグリテック検証/実証請負サービス開始

笑農和は2020年6月1日から、農家への最先端アグリテック関連企業の製品/サービスを指定の水田に導入し、その成果を検証できるサービスを開始する。

アグリテック製品の課題は、実際の水田で利用した際に、天候や使用状況などによりトラブルが発生することだった。同社は「実際の水田でどれだけ使い倒し検証できるかが、今後アグリテック製品の普及を進める上でのポイント」と判断し、同サービスを立ち上げた。

このサービスが目指すのは、アグリテック製品の普及を進めたい企業と、IoT製品を導入し作業効率の向上を図りたい農家との橋渡しだ。IoT製品の使用に長けた専門業者がサービスを実証/検証し、企業にフィードバックすることで、企業側はより良い製品にバージョンアップできる。一方、農家側は導入コストの負担ゼロで製品を試せる。

実証農家の条件は富山県内の農家であること。初年度は富山県内の2実証先からスタートし、新規募集は実施しない。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 20万台のマイコンボードを配布したタイ政府と、プログラミング教育のジレンマ
  2. マスク装着時の不快感を軽減——B´full、「3Dプリント製 立体インナー:メイクキープフレーム」販売開始
  3. スイッチサイエンス、「ATOM Echo - スマートスピーカー開発キット」を販売開始
  4. バッグパックに収納できる電動バイク——東大、空気で膨らませて使うパーソナルモビリティを開発中
  5. 着るだけで体温や心拍を測定——洗濯機で洗えるスマート衣類「E-TeCS」
  6. 日本3Dプリンター、「Raise3D」シリーズの最新モデル「Raise3D E2」発売
  7. ゴミ袋を自動で交換するゴミ箱——カートリッジ式スマートゴミ箱「townew」
  8. 分解は設計者との対話 楽しい分解のための5つのTips
  9. アマビエが手洗いを見守るキットをM5stackで作る
  10. 3Dプリンター製フェイスシールドが証明したメイカームーブメントの果実

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る