新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry Piの実験用パーツを満載——ビット・トレード・ワン、「主要パーツすぐに試せるボード」をリニューアル発売

ビット・トレード・ワンが、Raspberry Pi向けのさまざまな実験用パーツを同梱する「主要パーツすぐに試せるボード」をリニューアル。「ラズパイマガジン 2019年6月号」との連動企画商品で、基板を含めたキットを新設する。

photo

同キットは、リニューアルで雑誌の付録とされていた基板を含め、以前の部品セット同様の構成で、モーターや電池ボックス、さまざまな抵抗、LEDが含まれており、GPIOからPWM、 I2C、アナログ入力などの実験ができる。

photo

基板上にパーツごとのGPIOピン番号や部品間のフローを記載しており、効率よく作業できるように工夫されている。また外部接続部品はすべて端子台またはソケット接続のため、速やかにテストすることができる。

photo

対応機種はRaspberry Pi B+/2B/3B/3B+/4で、実験用同梱部品は湿温度気圧センサ×1、LED×3(3色)、抵抗各種×11、DCモーター4.5V×1、電池ボックス×1となる。外形寸法は20×65×56mm(突起部除く)で、重量は組立済基板単体が約35g(基板および外部パーツ一式が約120g)だ。

主要パーツすぐに試せるボードキットの、同社ECサイトでの価格は4980円。組立済も継続販売されており、価格は6480円(いずれも税別)となっている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  2. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  3. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  4. 10インチ8KモノクロLCD搭載——Anycubic、DLP方式3Dプリンター「Photon M3 Premium」発表
  5. Snapmaker、独立型デュアルエクストルーダー搭載3Dプリンター「J1」の先行予約開始
  6. 液晶が丸くなるだけで面白い、ダイヤル式デジタル万華鏡を作る
  7. シャープの懐かしPC「X68000」を復活させるプロジェクトがKibidangoに登場
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  10. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る