新しいものづくりがわかるメディア

RSS


8基のスラスターで360°移動できる——スペースワン、水中ドローン「CHASING M2」発表

スペースワンが、従来よりも運動性能や作業性能を向上させた産業用途向けの水中ドローン「CHASING M2」を発表した。

photo

CHASING M2は8基のスラスターを備えており、360°全方向への移動や360°ローリングができるのが特徴だ。また、グリッパーやGoPro、外部LEDライト、レーザー、センサーなどのアタッチメントが取り付けでき、撮影以外のさまざまな目的や作業に対応する。

photo

バッテリーの交換が可能なため、複数のバッテリーで運用することで長時間使用ができる。また、SDカードも交換でき、長時間撮影や撮影後の速やかな映像の確認も可能だ。

photo

1200万画素、1/2.3インチCMOSセンサーカメラを搭載し、4K/1080pでの動画撮影が可能だ。EIS(電子式手ブレ補正)により安定した動画撮影ができる。また、視野は152°の広角度で、2基の2000ルーメンのLEDライトも搭載する。

photo

最大速度は毎秒1.5m、最大深度100m、最大水平半径距離200m。本体サイズは380×267×165mm、重量が4.5kgだ。

photo

価格は、本体に100mケーブルとコントローラーを同梱する「基本セット 100mケーブルver」が32万8000円、200mケーブルを同梱する「同 200mケーブルver」が34万8000円(いずれも税込)だ。別売りで電動ケーブルの自動巻き取り機や交換用バッテリーなどのアクセサリーも用意されている。

photo

スクリューやアンカーなどの船舶検査や、ダム/水中パイプラインなどの構造物点検、また、養殖場での魚の管理などの漁業向けの活用などを想定している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  2. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  3. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  4. 10インチ8KモノクロLCD搭載——Anycubic、DLP方式3Dプリンター「Photon M3 Premium」発表
  5. Snapmaker、独立型デュアルエクストルーダー搭載3Dプリンター「J1」の先行予約開始
  6. 液晶が丸くなるだけで面白い、ダイヤル式デジタル万華鏡を作る
  7. シャープの懐かしPC「X68000」を復活させるプロジェクトがKibidangoに登場
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  10. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る