新しいものづくりがわかるメディア

RSS


「たのしいmicro:bitコンテスト2020」が開催

Make:Japanは2020年6月19日、スイッチエデュケーション/オライリー・ジャパン主催による「たのしいmicro:bitコンテスト2020」の開催を発表した。

同コンテストは、教育用マイコンボード「micro:bit」を使った作品コンテストだ。今年も2019年に引き続き、Maker Faire Tokyo 2020でグランプリを決める決勝大会を開催する。

コンテストの目的は「作って楽しむ」ことで、小学生以下の子ども+大人を対象としたキッズファミリー部門と、中学生以上を対象とした一般部門の2部門で開催される。

応募方法はTwitterにハッシュタグ「#たのしいmicrobitコンテスト2020」を添えての動画投稿と、応募フォームからの作品登録の2つのステップがあり、その両方を行う必要がある。

作品の応募受付は6月19日から8月10日まで。参加費は無料で、micro:bitを使った作品であればテーマは自由、プログラミング環境も問わない。またRaspberry Piなど他ボードの付加や、センサーなどの部品の使用も可能だ。

Maker Faire Tokyo 2020がオンサイトで開催される場合、8月下旬の一次審査を経て、10月3日/10月4日の決勝大会で、グランプリとその他受賞者が決定される。

また、新型コロナウイルスなどの影響によりMaker Faire Tokyo 2020がオンラインでの開催となった場合、作品展示はされず、決勝大会のみがオンラインで開催予定だ。この場合の日程は9月上旬に改めて告知される。

Maker Faire Tokyo 2020のオンサイト開催の可否は、7月下旬にホームページで発表予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 20万台のマイコンボードを配布したタイ政府と、プログラミング教育のジレンマ
  2. マスク装着時の不快感を軽減——B´full、「3Dプリント製 立体インナー:メイクキープフレーム」販売開始
  3. スイッチサイエンス、「ATOM Echo - スマートスピーカー開発キット」を販売開始
  4. バッグパックに収納できる電動バイク——東大、空気で膨らませて使うパーソナルモビリティを開発中
  5. 着るだけで体温や心拍を測定——洗濯機で洗えるスマート衣類「E-TeCS」
  6. 日本3Dプリンター、「Raise3D」シリーズの最新モデル「Raise3D E2」発売
  7. ゴミ袋を自動で交換するゴミ箱——カートリッジ式スマートゴミ箱「townew」
  8. 分解は設計者との対話 楽しい分解のための5つのTips
  9. アマビエが手洗いを見守るキットをM5stackで作る
  10. 3Dプリンター製フェイスシールドが証明したメイカームーブメントの果実

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る