新しいものづくりがわかるメディア

RSS


「たのしいmicro:bitコンテスト2020」が開催

Make:Japanは2020年6月19日、スイッチエデュケーション/オライリー・ジャパン主催による「たのしいmicro:bitコンテスト2020」の開催を発表した。

同コンテストは、教育用マイコンボード「micro:bit」を使った作品コンテストだ。今年も2019年に引き続き、Maker Faire Tokyo 2020でグランプリを決める決勝大会を開催する。

コンテストの目的は「作って楽しむ」ことで、小学生以下の子ども+大人を対象としたキッズファミリー部門と、中学生以上を対象とした一般部門の2部門で開催される。

応募方法はTwitterにハッシュタグ「#たのしいmicrobitコンテスト2020」を添えての動画投稿と、応募フォームからの作品登録の2つのステップがあり、その両方を行う必要がある。

作品の応募受付は6月19日から8月10日まで。参加費は無料で、micro:bitを使った作品であればテーマは自由、プログラミング環境も問わない。またRaspberry Piなど他ボードの付加や、センサーなどの部品の使用も可能だ。

Maker Faire Tokyo 2020がオンサイトで開催される場合、8月下旬の一次審査を経て、10月3日/10月4日の決勝大会で、グランプリとその他受賞者が決定される。

また、新型コロナウイルスなどの影響によりMaker Faire Tokyo 2020がオンラインでの開催となった場合、作品展示はされず、決勝大会のみがオンラインで開催予定だ。この場合の日程は9月上旬に改めて告知される。

Maker Faire Tokyo 2020のオンサイト開催の可否は、7月下旬にホームページで発表予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Arduino互換でカスタマイズできる——手のひらにのる犬型ロボット「Petoi Bittle」
  2. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  3. 研磨しやすいPLA——APPLE TREE、3Dプリンター用フィラメント「MODERA:PLA」発売
  4. Formlabs、大型造形可能な歯科用3Dプリンター「Form 3BL」と後処理用のアイテム2種を発表
  5. アマビエが手洗いを見守るキットをM5stackで作る
  6. テクダイヤと久宝金属製作所、FFF方式3Dプリンター用0.1mm径ノズルを開発
  7. 両手がふさがっていてもスマホが操作できる——舌を使ったインタフェース「[in]brace」
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. キャリブレーション不要ですぐに使える——プロ用デスクトップ3Dスキャナー「Polyga Compact S1」
  10. 「タオバオ」に挑戦したけど異文化に揉まれて何も買えませんでした——失敗から学ぶ、ネットショップで使える中国語10選

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る