新しいものづくりがわかるメディア

RSS


micro:bit用電子工作キット「STEM for Lab」

micro:bit用電子工作キット「STEM for Lab」が、Kickstarterでクラウドファンディングを実施し、目標額を達成した。

STEM for Labは、英BBCが主体となって開発された教育向けマイコンボード「micro:bit」用の電子工作キット。拡張ボード、Wi-Fiモジュール、有機ELディスプレイで構成され、各種センサーからのデータをディスプレイ表示したり、Wi-Fi通信でIoT向けプラットフォーム「ThingSpeak」にデータを送ってグラフ化したりすることができる。プログラミングはMicrosoft MakeCodeで行う。

STEM for Lab

STEM for Labの拡張ボードに接続できるセンサーは、土壌湿度センサー、TVOC/二酸化炭素換算(eCO2)センサー、気圧/気温/湿度センサー、カラーセンサーの4種類。TVOCとは、シックハウス症候群の原因とされる揮発性有機化合物(VOC)の総量のことだ。

STEM for Lab

なお、micro:bitは、加速度センサーと磁力センサー(コンパス)を内蔵しており、また、光センサーや温度センサーとして使うこともできるが、これらのセンサーをSTEM for Labで使用する場合についてKickstarterのキャンペーンページには記載がない。STEM for Labを購入する場合は、事前にクリエイターに確認したほうがよいだろう。

STEM for Lab

また、日本国内でWi-Fi通信を行う場合は、micro:bit本体ではなく、アンテナを含むWi-Fiモジュールが技適(技術基準適合証明・認定)を取得し、技適マークが付されていなければならないので、注意が必要だ。

STEM for Labの価格は、拡張ボード、Wi-Fiモジュール、有機ELディスプレイで構成される「ベーシックキット」が150香港ドル(約2100円)、4種類のセンサーを含む「フルキット」が320香港ドル(約4400円)だ。出荷は2020年8月の予定で、日本への送料は160香港ドル(約2200円)。なお、いずれのキットにもmicro:bit自体は含まれないので、micro:bitは自分で用意する必要がある。

STEM for Labは3000香港ドル(約4万2000円)を目標に、2020年6月30日までクラウドファンディングを実施する。2020年6月23日時点で目標額の4倍近い約1万2000香港ドル(約17万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Piで家電最大8台をコントロールできるリレー拡張ボード「PiRelay 8」
  2. Motorola、充電パッド不要のスマートフォンを開発へ
  3. スイッチサイエンスが「Maker Pi RP2040」を発売
  4. ロボットを自律走行化する——360°センシング可能なLiDARセンサー「LD-AIR LiDAR」
  5. グラフェンと異なる、新たな2Dカーボン構造を発見
  6. サイズわずか18×32mm——Mouser Electronics、ESP32搭載無線通信モジュール「TinyPICO」発売
  7. 「M5StickC」で電子工作を学ぶ「はじめての『M5StickC』」発刊
  8. Excel方眼紙とM5Stackで文系サラリーマンがドット絵ゲームを自作する
  9. 「中国の人工太陽」がプラズマ温度と持続時間で世界新記録——核融合発電の重要なマイルストーン
  10. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る