新しいものづくりがわかるメディア

RSS


人肌に加温すると自己粘着する——三井化学、繰り返し使える「体温感知自己粘着シート」を開発

三井化学は、人肌で温めることで、自己粘着性を発現する「体温感知自己粘着シート」を開発した。

photo

自己粘着性とは、糊などの接着剤などを使用せずにシート同士が引っ付く性質だ。接着面に糊残りなどが発生することがなく衛生的で、しかも何度でも貼ったり剥がしたりできる。今回開発したシートは、人肌で温めることでこの自己粘着性を発現する。素材が透明なので商品のデザイン性や意匠性を損なわない。

photo

従来同様の用途で用いられてきた面ファスナーと比較して、接着面へのごみ付着や着脱時のバリバリ音を低減し、厚さも薄くなる。

人肌で温めることで柔らかくなり人体にフィットするため、さまざまな衣料類や服飾雑貨、医療/介護用品などにおける固定部材としての用途を想定している。また、VRやAR、eスポーツ、医療IoTなどの分野におけるウェアラブルデバイスの需要拡大にも貢献できる素材だとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  2. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  3. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  4. 10インチ8KモノクロLCD搭載——Anycubic、DLP方式3Dプリンター「Photon M3 Premium」発表
  5. Snapmaker、独立型デュアルエクストルーダー搭載3Dプリンター「J1」の先行予約開始
  6. 液晶が丸くなるだけで面白い、ダイヤル式デジタル万華鏡を作る
  7. シャープの懐かしPC「X68000」を復活させるプロジェクトがKibidangoに登場
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  10. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る