新しいものづくりがわかるメディア

RSS


造形スピードの速さとコスパの良さ——FFF方式3Dプリンター「LOTMAXX SC-10 SHARK」

2万円台ながら充実した機能を備えたFFF方式3Dプリンター「LOTMAXX SC-10 SHARK」がKickstarterに登場し、人気を集めている。

photo

LOTMAXX SC-10 SHARKは、シンプルかつ高速造形が可能なFFF(熱溶融積層)方式3Dプリンター。構造がシンプルなため、5~10分で組み立てた後は簡単なセットアップでプリントの準備ができる。

photo

4つのファンで冷却する独自のアイオロスヒート放熱構造(AHDS)と過熱を防ぐモジュラー式ノズルを採用して放熱効率を高めている。さらにSムーブ構造(SMS)の採用により、一般的な3Dプリンターより最大30%造形時間を短縮できるとしている。エクストルーダーは、デュアルギア構造で、スムーズなフィラメントフィードを実現する。

photo

軸を動かすステッピングモータードライバー「TMC2208」は、高精度で静寂性が高い。また、100℃まで加温できるヒーテッドベッド、モデルの脱着が容易な柔軟で丈夫なビルドプレート、停電などで作業が中断しても続きから再開できる機能などを備える。さらにフィラメントセンサーを内蔵し、フィラメント切れにも対応する。

photo

オプションで、精度0.1mmのオートレベリングや1.6Wのレーザー彫刻、2色造形が可能なデュアルカラープリントヘッドを追加できる。レーザー彫刻モジュールは簡単に装着でき、ウッド、プラスチック、レザー、PVC、紙、レジンなどの彫刻に対応する。3Dプリントとレーザー彫刻対応のスライサーソフトウェアも提供する。

photo

本体サイズは443×466×488mmで重さは7.4kg、造形エリアは235×235×265mmだ。本体の色は、ディープパープルかスペースグレーを選べる。操作用の3.5インチタッチパネルは、英語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、スペイン語、ポルトガル語、日本語、中国語に対応する。

photo

LOTMAXX SC-10 SHARKは、今なら予定小売価格から36%オフの1776香港ドル(約2万4600円)で提供する。出荷は2020年8月の予定で、今のところ日本への出荷には未対応だ。

LOTMAXX SC-10 SHARKは、2020年7月9日までクラウドファンディングを実施中。6月30日時点で、78万香港ドル(約1080万円)の目標を上回る約180万香港ドル(約2500万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 最高速度マッハ5以上——DARPA、極超音速巡航ミサイルの飛行試験に成功
  2. まるで車輪付きの2階建てビル——世界最大の「Hummer H1」がUAEの博物館に収蔵
  3. Raspberry Piを使った天気予報アナログ表示デバイス「Desktop Weather Display」
  4. 必要なモジュールだけ切り離して使える——Raspberry Pi Pico用開発キット「PicoBricks」
  5. 第5回 GPIOって何ですか? 機能や役割は?
  6. 第2世代の開発キット「M5Stack Core 2」、販売開始
  7. 理科の授業に必要な計測/制御などを1台で——USBを挿すだけで使える道具箱「AkaDako STEAM BOX プロトタイプ」
  8. Raspberry Piを使って味わい深いデジタルトイカメラを作ってみた
  9. 8mmフィルムカメラをRaspberry Piで復活——デジタルカートリッジ「Super 8 Camera Digital Conversion」
  10. ラズパイで放射線量を記録——ソーラーパネル搭載のガイガーカウンターDIYキット「RadSense」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る