新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ロボホンを活用した小学校向け「AI教育パック」をシャープが発売

シャープは2020年7月3日、コミュニケーションロボット「ロボホン」を活用した小学校向け「AI教育パック」の販売を、教育機関や自治体などの法人を対象に開始した。

ロボホンは身長約198mmの小型サイズながら会話ができるモバイル型ロボットで、身振り手振りを交えて会話したり、歌ったりすることができる。

本パックは、ロボホンの動作や対話プログラムをブロックの組み合わせで作成できるソフトウェア「ロブリック」や、「A3RT(アート)」を活用したチャットボットアプリなどのAI教育ツール、授業カリキュラムがセットになっている。

ロブリックには、ディープラーニング解析により画像認識を可能にする「TensorFlow Lite」を搭載。人物や果物などをカメラで撮影するだけでAIにより学習でき、学習した対象物をカメラで認識すると、あらかじめプログラムした特定の動作や返答を実行する仕組みだ。

A3RTは、ロボホンへの質問に対し、クラウド上のAIが自動で返答を生成。ロボホンを介してAIとの対話を体験できる。また、全8コマからなる授業カリキュラムは、ロボホンやAI教育ツールを活用しながらAIについての理解を深めるとともに、児童自らがAIの特長や利点、課題などを考える機会を提供する。

さらに、本パックを活用したオンライン授業サービスを、Makuakeにて同日より販売開始した。1カ月間ロボホンのレンタルサービスを受けられ、自宅からAIロボットプログラミング授業を受講できる。同サービスは個人でも購入可能だ。

オンライン授業サービスの価格は1万6500円(税込)、7月24日までクラウドファンディング中で、目標金額50万円に対し7月6日現在で29万7000円を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ハンドル付きで持ち運びも便利——Raspberry Pi搭載タブレット「CutiePi Tablet」
  2. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  3. Raspberry Pi用電源管理/死活監視モジュール「slee-Pi3」発売
  4. AI画像処理を組み込みできる——コンピュータービジョン開発キット「OpenCV AI Kit」
  5. 3D CADやIoTなど、ものづくりに必要な知識や技術を学べるオンライン学習システム「MID PLC オンライン」
  6. 従来よりも靭性を2倍に高めた固体電解質を開発——次世代型固体電池の実現へ
  7. スマートウォッチを生化学ヘルスモニターシステムへと変える粘着フィルムを開発
  8. 不織布使用量が従来品の1/10——3Dプリンター製の再使用可能マスク「θ(シータ)」
  9. Arduino互換のLEDストリップコントローラー「Glo」
  10. Android 10(Go edition)搭載のIoTエッジデバイス「Acty-G3」発売へ、eSIM/NFC対応のカスタムモデルも提供

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る