新しいものづくりがわかるメディア

RSS


500dpiの精細な刻印——厚さ6cmのスリムなレーザー加工機「Cubiio 2」

オートフォーカス機能付きレーザー加工機「Cubiio 2」がKickstarterに登場し、出品後わずか1分で目標額を達成する人気を集めている。

photo

Cubbio 2は、2017年8月にKickstarterに登場し、即日目標額を達成した「Cubiio」の後継機。新型はワークエリアをA4サイズに近い30×22cmに拡大、金属への刻印にも対応した。500dpiの解像度と独自のリアルタイム出力制御を組み合わせた、よりリアルな濃淡の描画が特長だ。

photo

刻印可能な素材は、ステンレス、チタン、ガラス、スレート、レンガ、コンクリート、アルマイトなど幅広く、平面だけでなく曲面にも加工できる。また、最大5mm厚までの紙、木材、皮革、アクリル、布地、フェルトなどが切断できる。

photo

使い方はまず、本体に加工したいものを置き、専用アプリで撮影。プレビュー画面で文字や絵を重ねて仕上がりイメージを決定してから加工する。加工速度は最大100mm/sだ。

photo

本体サイズは約50×40×6cm、重さは6kg。3.5Wまたは5.0Wのカートリッジ式クラス1レーザーを搭載。パスワードロック、レーザー放射表示灯、緊急停止など安全機能も備える。

photo

価格は、3.5WレーザーをセットにしたLiteパックが1150ドル(約12万3000円)、さらに5.0Wレーザーを追加したBest Valueパックが1330ドル(約14万3000円)から。発送は2020年11月の予定で、日本への送料は無料だ。

ワークエリアを42×30cmに拡大した「Cubiio 2 Plus」も用意しており、こちらは大きさが62×49×6cm、重さが8kg。価格は2350ドル(約25万3000円)からで、発送は2021年4月の予定だ。

Cubiio 2は、2020年7月28日までクラウドファンディングを実施中。7月1日時点で、2万5000ドル(約268万円)の目標額を大きく上回る約127万ドル(約1億3700万円)以上を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 8mmフィルムカメラをRaspberry Piで復活——デジタルカートリッジ「Super 8 Camera Digital Conversion」
  2. 目を閉じても見える——網膜にARを投影するスマートコンタクトレンズを開発
  3. リニア式電源、ラズパイ対応の高音質ミュージックサーバー「MS-100」を発売
  4. タイピングした文字を手書きしてくれるロボット「PlottyBot」——Raspberry Piで製作
  5. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  6. Raspberry PiによるPCデータレコーダーのエミュレータ「Raspberry Pi用ピーガーMODEM 【初回版】」発売
  7. ガラスやアクリルのような透明感を表現——3Dプリンター用クリアインク「MH-110PCL」
  8. イグアス、「3Dプリンター向け 仕上げ加工ツール」のオンライン販売開始
  9. 伝説の名機を小型化して技術情報公開を目指すオープンソースシンセサイザー「Profree-4」
  10. フィルムカメラをデジタル化——Raspberry Piを使った「Digital Film Cartridge for Analog Cameras」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る