新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ホームセンターマガジン『Pacoma』主催の第5回「Pacoma工作コンテスト」が開催

ホームセンターマガジン『Pacoma』を展開する日宣は2020年7月10日、「Pacoma工作コンテスト」を開催すると発表した。

同コンテストは今年で5回目の開催となり、Pacomaの公式キャラクター「パーくん」のデザイン公募の他、8部門の賞を設けて実施する。タレントの藤岡みなみさん、クリエイティブユニットtupera tupera(ツぺラ ツぺラ)さんが審査員を務める。

応募期間は7月10日~9月9日(必着)。最優秀賞(1名)にはアロンアルフアシリーズ豪華セットが贈られる他、審査員賞やコンテスト部門賞にもそれぞれ賞品が贈られる。また、受賞作品は『Pacoma』12月号とWEBマガジン「Pacoma」で紹介される。

応募方法は、作品の全体像が分かる画像とこだわりポイントや特徴などをクローズアップした画像2点を、工作コンテスト公式ページの応募フォームから送信する、もしくはInstagramへ投稿することで応募できる。なおInstagramでの応募には「#パコマ工作コンテスト2020」と応募部門のハッシュタグを付ける必要がある。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 全てのヘッドホンをスマートヘッドホンに変換する技術を開発
  2. 800種類の電子パーツを紹介——日経BP「ラズパイ工作 パーツ大全 2021-2022」発刊
  3. 太陽エネルギーを長期間貯蔵できる液体「太陽熱燃料」開発プロジェクト
  4. フィギュアの肌を美しく——Bfull、3Dプリントによる美肌表現技術を開発
  5. 会社を辞めて、カセットテープDJ装置を製品化することにしました
  6. 64ビットRISC-Vチップを搭載したLinuxボード「Nezha」
  7. MIT、古文書を未開封のまま解読する手法を開発——300年前のセキュリティを解析
  8. 街中での使用に特化した小型の風力タービン——日照日数が少ない地域ではソーラーパネルより安価でより多く発電可能
  9. ちっちゃい! 切手サイズの「Tiny2040 RP2040 開発ボード」、ケイエスワイが販売
  10. インターステラテクノロジズが「ねじのロケット」の全面改良を完了

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る