新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Plug and Play Japan、次期アクセラレータープログラム「Winter/Spring 2021 Batch」の募集を開始

Plug and Play Japanは、次期アクセラレータープログラム「Winter/Spring 2021 Batch」に参加するスタートアップの募集を2020年7月6日から開始した。

Plug and Playは、革新的な技術やアイディアを持つスタートアップを大手企業とともに支援するグローバルベンチャーキャピタル/アクセラレーターだ。

アクセラレータープログラムとは、大手企業がスタートアップと協業/出資などを目的とし、オープンイノベーションの一環として実施するプログラムで、Plug and Playでは約3カ月を1期間として年に2回プログラムを実施している。

同社は現在まで5回のプログラムを実施し、合計400社の国内外の採択スタートアップを、企業パートナーと共に支援してきた。2020年7月6日現在で、企業パートナー数は38社となっている。

Winter/Spring 2021 Batchの募集期間は7月6日~9月7日で、プログラム期間は2020年12月~2021年3月となる。東京では「Fintech」「Insurtech」「IoT」「Mobility」「Brand&Retail」、京都では「Hardtech&Health」のプログラムを実施する。

参加条件はPlug and Play Japanの企業パートナーとの連携を希望するスタートアップ、または登記済み/プログラム期間中に登記予定のスタートアップとなる。

申し込みはPlug and Play Japanウェブサイト内の特設ページから可能だ。8月4日と8月25日には、次期プログラムの説明会を兼ねてスタートアップ向けに人数限定のオンラインミートアップを開催する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 小型バーコードスキャナーを作れるRaspberry Pi用拡張ボード「Zero Barcode HAT」
  2. 電源不要! ソーラーIoTデバイスを3万円台で作ってみた
  3. 荒れた海でも水面近くを飛行できる——米軍の新型水上機「Liberty Lifter」
  4. スイッチサイエンスが「Raspberry Pi Pico」新製品を販売開始
  5. ELEGOO、10インチ8KモノクロLCD搭載3Dプリンター「Saturn 2 8K」の先行予約を開始
  6. ペットボトルを1週間で分解——プラごみの環境問題を解決するプラスチック分解酵素を発見
  7. 80mm/s以上でも安定した造形——Anycubic、FFF方式3Dプリンター「Kobra Plus」発表
  8. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  9. システムクリエイト、デスクトップで軽金属を切削できる「BANTAM TOOLS 卓上CNCフライス盤」を発売
  10. 無電源で現場を監視——広角レンズ搭載のIoT自動撮影カメラ「ハイクカム LS4G」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る