新しいものづくりがわかるメディア

RSS


慶應SFC、3Dプリンター製フェイスシールド「Wakyu」の新モデル公開

慶應義塾大学SFC研究所ソーシャルファブリケーションラボが、3Dプリンター製子ども向けフェイスシールド「Wakyu」の新モデルを公開した。

新型コロナウイルスの感染が続く状況下において、ラボではこれまで医療機関を中心に3Dプリンター製フェイスシールドを届けてきた。今回、聴覚障がいのある幼児、児童、生徒らが学ぶ全国の聾学校向けに、子ども用フェイスシールドを開発、データなどをGitHubにて公開した。

photo

子ども用フェイスシールドの新モデルWakyuは、上部別シートによる好みの着せ替えが可能で、表現の要素を加えることができる。S/M/Lの3サイズが用意され、自由に寸法をアレンジすることができる特殊な3Dモデルも、あわせて公開した。

photo

3D設計技術の一部は、文部科学省COI(Center Of Innovation)プログラム「感性とデジタル製造を直結し、生活者の創造性を拡張するファブ地球社会創造拠点」において開発されたものであり、SFC研究所上席所員湯浅亮平氏、エス.ラボ脇本智正氏、慶應義塾大学教授田中浩也氏の共同によるものだ。

さらに、P&Gおよび協力会社4社(エス.ラボ、丹青社、テラサイクルジャパン、ナノダックス)と連携し、リサイクルプラスチック(PP)から製造したフェイスシールド約1万個を全国の聾学校などへ寄贈した。大量生産にはエス.ラボが有する高速量産3Dプリンティングシステム「3Dプラント」を用い、1日に1000個以上の生産を行った。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 地下から無尽蔵のエネルギーを得る——MIT、強力マイクロ波を使って大深度地熱井を掘削
  2. 米海軍、強襲揚陸艦「エセックス」上で金属3Dプリンター導入実証実施
  3. 造形サイズが2.7倍に拡大——FLASHFORGEデスクトップ家庭用3Dプリンター「Finder3」発売
  4. 3Dプリントでデスクトップサイズの風洞試験装置を自作
  5. 特集は3Dものづくり入門——CQ出版、「トランジスタ技術」2022年9月号発売
  6. アシックス、パラメトリックデザイン手法と3Dプリント技術を活用した「ACTIBREEZE 3D SANDAL」を開発
  7. 加工不要な木製品——MIT、植物細胞から木材を培養する実験
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. スイッチサイエンスがM5Stackの工業用途向け開発プラットフォーム「M5Station」を販売開始
  10. ArduinoでもRaspberry Piでも動かせるDIYロボットキット「CodeRover」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る