新しいものづくりがわかるメディア

RSS


慶應SFC、3Dプリンター製フェイスシールド「Wakyu」の新モデル公開

慶應義塾大学SFC研究所ソーシャルファブリケーションラボが、3Dプリンター製子ども向けフェイスシールド「Wakyu」の新モデルを公開した。

新型コロナウイルスの感染が続く状況下において、ラボではこれまで医療機関を中心に3Dプリンター製フェイスシールドを届けてきた。今回、聴覚障がいのある幼児、児童、生徒らが学ぶ全国の聾学校向けに、子ども用フェイスシールドを開発、データなどをGitHubにて公開した。

photo

子ども用フェイスシールドの新モデルWakyuは、上部別シートによる好みの着せ替えが可能で、表現の要素を加えることができる。S/M/Lの3サイズが用意され、自由に寸法をアレンジすることができる特殊な3Dモデルも、あわせて公開した。

photo

3D設計技術の一部は、文部科学省COI(Center Of Innovation)プログラム「感性とデジタル製造を直結し、生活者の創造性を拡張するファブ地球社会創造拠点」において開発されたものであり、SFC研究所上席所員湯浅亮平氏、エス.ラボ脇本智正氏、慶應義塾大学教授田中浩也氏の共同によるものだ。

さらに、P&Gおよび協力会社4社(エス.ラボ、丹青社、テラサイクルジャパン、ナノダックス)と連携し、リサイクルプラスチック(PP)から製造したフェイスシールド約1万個を全国の聾学校などへ寄贈した。大量生産にはエス.ラボが有する高速量産3Dプリンティングシステム「3Dプラント」を用い、1日に1000個以上の生産を行った。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ハンドル付きで持ち運びも便利——Raspberry Pi搭載タブレット「CutiePi Tablet」
  2. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  3. Raspberry Pi用電源管理/死活監視モジュール「slee-Pi3」発売
  4. AI画像処理を組み込みできる——コンピュータービジョン開発キット「OpenCV AI Kit」
  5. 3D CADやIoTなど、ものづくりに必要な知識や技術を学べるオンライン学習システム「MID PLC オンライン」
  6. 従来よりも靭性を2倍に高めた固体電解質を開発——次世代型固体電池の実現へ
  7. スマートウォッチを生化学ヘルスモニターシステムへと変える粘着フィルムを開発
  8. 不織布使用量が従来品の1/10——3Dプリンター製の再使用可能マスク「θ(シータ)」
  9. Arduino互換のLEDストリップコントローラー「Glo」
  10. Android 10(Go edition)搭載のIoTエッジデバイス「Acty-G3」発売へ、eSIM/NFC対応のカスタムモデルも提供

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る