新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Google、半導体チップ設計用オープンソースPDK「SkyWater PDK」を発表

Googleは、半導体チップを設計できるオープンソースのプロセスデザインキット(PDK)「SkyWater PDK」を発表した。

プロセスデザインキットとは、チップ設計フローの3つの要素であるRTLデザイン、EDAツール、PDKデータの1つ。ファウンドリー(半導体受託生産会社)対応のデータとスクリプトファイルをまとめたもので、モデル、回路図シンボル、デザインルールファイルなどで構成される。従来は、ファウンドリーからPDKを入手する必要があり、実際にチップを製造するには多額の資金が必要だった。

SkyWater PDK

SkyWater PDKは、ハードウェア設計のオープンソース化を促進する非営利団体FOSSi Foundationが開催するオンラインイベント「FOSSi Dial-Up」で明らかにされた。SkyWater PDKを発表したGoogleのTim Ansell氏によれば、Googleがシステムに求めるパフォーマンスを得るには、ASICやFPGAを利用した処理のハードウェア化が欠かせないが、ハードウェアの設計と検証のコストは近年大幅に増大しており、コストの抑制には開発のオープン化が必要だという。

SkyWater PDKは、GoogleとアメリカのファウンドリーSkyWater Technologyとの共同プロジェクトで、チップ設計フローの3つの要素のうち、オープン化が進んでいなかったPDKをオープンソース化したものだ。SkyWater PDKを使って130nmノードのチップを実際に製造できるという。

SkyWater PDK

SkyWater PDKは、Apacheライセンス2.0の下に、GitHubで公開されている。2020年7月19日時点で公開されているものはアルファ版で、2020年7月30日には標準セルライブラリが提供される予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  2. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  3. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  4. Creality製の光造形3Dプリンター「HALOT-ONE PLUS」、サンステラが発売
  5. 透かし彫刻磁器という古くからある芸術形式を3Dプリントし、目の見えない人も見える人も共有可能なデータ形式を作製
  6. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  7. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  8. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  9. 1.54インチ正方形LCD基板「Squary」——「RP2040」または「ESP-12E」を搭載
  10. LEGO、教育用プログラミングロボットシリーズ「マインドストーム」を2022年年内で販売終了

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る