新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Google、半導体チップ設計用オープンソースPDK「SkyWater PDK」を発表

Googleは、半導体チップを設計できるオープンソースのプロセスデザインキット(PDK)「SkyWater PDK」を発表した。

プロセスデザインキットとは、チップ設計フローの3つの要素であるRTLデザイン、EDAツール、PDKデータの1つ。ファウンドリー(半導体受託生産会社)対応のデータとスクリプトファイルをまとめたもので、モデル、回路図シンボル、デザインルールファイルなどで構成される。従来は、ファウンドリーからPDKを入手する必要があり、実際にチップを製造するには多額の資金が必要だった。

SkyWater PDK

SkyWater PDKは、ハードウェア設計のオープンソース化を促進する非営利団体FOSSi Foundationが開催するオンラインイベント「FOSSi Dial-Up」で明らかにされた。SkyWater PDKを発表したGoogleのTim Ansell氏によれば、Googleがシステムに求めるパフォーマンスを得るには、ASICやFPGAを利用した処理のハードウェア化が欠かせないが、ハードウェアの設計と検証のコストは近年大幅に増大しており、コストの抑制には開発のオープン化が必要だという。

SkyWater PDKは、GoogleとアメリカのファウンドリーSkyWater Technologyとの共同プロジェクトで、チップ設計フローの3つの要素のうち、オープン化が進んでいなかったPDKをオープンソース化したものだ。SkyWater PDKを使って130nmノードのチップを実際に製造できるという。

SkyWater PDK

SkyWater PDKは、Apacheライセンス2.0の下に、GitHubで公開されている。2020年7月19日時点で公開されているものはアルファ版で、2020年7月30日には標準セルライブラリが提供される予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 世界最大の浮体式洋上風力発電誕生——5万5000世帯分の電力量に匹敵
  2. 自分の自転車を電動化できる——イギリス発「Universal eBike Conversion Kit」
  3. 二酸化炭素からでんぷんを人工合成するプロセスを開発——農業によるでんぷん生産を置換する
  4. Raspberry Piで高画質動画撮影を可能にする「Raspberry Pi Cinema Camera」
  5. 世界最大の浮体式洋上風力発電誕生——5万5000世帯分の電力量に匹敵
  6. CQ出版が「ラズパイ/PCで体験!計測のためのカメラ画像処理」を刊行
  7. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  8. 掃除機より静かな飛行機——AirbusがeVTOL「CityAirbus NextGen」を公開
  9. ラズパイでナンプレを解く——Pi Zero Wで3Dプリンターを「Sudoku solving robot」に改造
  10. 電気不要で冷却——太陽光と水で作動する再生可能な冷却システムを開発

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る