新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Google、半導体チップ設計用オープンソースPDK「SkyWater PDK」を発表

Googleは、半導体チップを設計できるオープンソースのプロセスデザインキット(PDK)「SkyWater PDK」を発表した。

プロセスデザインキットとは、チップ設計フローの3つの要素であるRTLデザイン、EDAツール、PDKデータの1つ。ファウンドリー(半導体受託生産会社)対応のデータとスクリプトファイルをまとめたもので、モデル、回路図シンボル、デザインルールファイルなどで構成される。従来は、ファウンドリーからPDKを入手する必要があり、実際にチップを製造するには多額の資金が必要だった。

SkyWater PDK

SkyWater PDKは、ハードウェア設計のオープンソース化を促進する非営利団体FOSSi Foundationが開催するオンラインイベント「FOSSi Dial-Up」で明らかにされた。SkyWater PDKを発表したGoogleのTim Ansell氏によれば、Googleがシステムに求めるパフォーマンスを得るには、ASICやFPGAを利用した処理のハードウェア化が欠かせないが、ハードウェアの設計と検証のコストは近年大幅に増大しており、コストの抑制には開発のオープン化が必要だという。

SkyWater PDKは、GoogleとアメリカのファウンドリーSkyWater Technologyとの共同プロジェクトで、チップ設計フローの3つの要素のうち、オープン化が進んでいなかったPDKをオープンソース化したものだ。SkyWater PDKを使って130nmノードのチップを実際に製造できるという。

SkyWater PDK

SkyWater PDKは、Apacheライセンス2.0の下に、GitHubで公開されている。2020年7月19日時点で公開されているものはアルファ版で、2020年7月30日には標準セルライブラリが提供される予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 全てのヘッドホンをスマートヘッドホンに変換する技術を開発
  2. 800種類の電子パーツを紹介——日経BP「ラズパイ工作 パーツ大全 2021-2022」発刊
  3. 太陽エネルギーを長期間貯蔵できる液体「太陽熱燃料」開発プロジェクト
  4. フィギュアの肌を美しく——Bfull、3Dプリントによる美肌表現技術を開発
  5. 会社を辞めて、カセットテープDJ装置を製品化することにしました
  6. 64ビットRISC-Vチップを搭載したLinuxボード「Nezha」
  7. MIT、古文書を未開封のまま解読する手法を開発——300年前のセキュリティを解析
  8. 街中での使用に特化した小型の風力タービン——日照日数が少ない地域ではソーラーパネルより安価でより多く発電可能
  9. ちっちゃい! 切手サイズの「Tiny2040 RP2040 開発ボード」、ケイエスワイが販売
  10. インターステラテクノロジズが「ねじのロケット」の全面改良を完了

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る