新しいものづくりがわかるメディア

RSS


micro:bitでプログラミングしよう——ウッディプッディ、小学校の授業や夏休みの自由研究にも使える「プログラミング貯金箱」新発売

ウッディプッディは、ミスターフュージョンとのコラボレーション商品「プログラミング貯金箱」を発売する。

photo

プログラミング貯金箱は、工作用パーツとプログラミング用パーツなどから構成され 、木のパーツを組み立てて画材やシールなどでアレンジする工作、パソコンにmicro:bitを接続して動作させるためのプログラミング、繰り返しトライしてゴールを目指す動作確認の3つのステップで、子どもたちの論理的思考を育てるアイテムだ。

貯金箱として使ってお金を貯める、micro:bitでプログラミングをして貯金箱に色々な仕掛けを作る、お小遣いを貯めるための計画する力や考える力を伸ばすことなどが期待できるなど、STEAM教育の特徴でもある教科を横断しながら学ぶことができる商品だ。小学校の新学習指導要領にも対応しているため、家庭だけでなく小学校の授業など教育の現場でも使用が可能なキットで、夏休みの自由研究にも使うことができる。

商品ラインナップは、「ふしぎないきもの」が価格7260円で対象年齢8才~、「電車」が価格7260円で対象年齢8才~、「家」が価格8800円(すべて税込)で対象年齢8才~などとなっている。

全商品、工作用パーツとプログラミング用パーツ(micro:bit)がセットで、プログラミングはMicrosoftのMakeCode使用(購入者限定のmicro:bitプログラミング説明書付き)。「ウッディプッディ直営本店」にて販売中だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Arduino互換でカスタマイズできる——手のひらにのる犬型ロボット「Petoi Bittle」
  2. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  3. 研磨しやすいPLA——APPLE TREE、3Dプリンター用フィラメント「MODERA:PLA」発売
  4. Formlabs、大型造形可能な歯科用3Dプリンター「Form 3BL」と後処理用のアイテム2種を発表
  5. アマビエが手洗いを見守るキットをM5stackで作る
  6. テクダイヤと久宝金属製作所、FFF方式3Dプリンター用0.1mm径ノズルを開発
  7. 両手がふさがっていてもスマホが操作できる——舌を使ったインタフェース「[in]brace」
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. キャリブレーション不要ですぐに使える——プロ用デスクトップ3Dスキャナー「Polyga Compact S1」
  10. 「タオバオ」に挑戦したけど異文化に揉まれて何も買えませんでした——失敗から学ぶ、ネットショップで使える中国語10選

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る