新しいものづくりがわかるメディア

RSS


初心者でも課題解決のためのものづくり——eラーニング講座「3Dプリンタで自助具を作ろう」スタート

グローバルキャストは2020年8月20日から、オンライン学習サービス「バレッドアカデミー」において、eラーニング講座「3Dプリンタで自助具を作ろう」をスタートした。

同講座は、ハマナカデザインスタジオが運営するファブラボ品川が作成したものだ。3Dでのモデリング法のみならず、自助具(障害や病気、加齢などによる動作の困難を補うための道具)や暮らしの道具の3Dプリンターによる作り方を学ぶことができる。

初級、中級、上級の3コースが用意されている。

初級コースでは、自助具モデルをダウンロードし、ストローホルダーやスプーンホルダーなどの自助具を3Dプリントで作製する。

中級コースでは、3Dスキャンの活用、モデルのアレンジ、素材(フィラメント)の使い分け、フィラメントごとのスライサー設定のコツについて学習する。

上級コースでは、異なる素材を重ねた3Dプリントや簡易サポーターの3Dプリントに挑戦する。

各講座の学習目安時間は1時間〜2時間だ。視聴期間は12カ月となる。講座料は初級コースが4500円、中級コースが6500円、上級コースが8500円で、パック料金も用意されている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 8mmフィルムカメラをRaspberry Piで復活——デジタルカートリッジ「Super 8 Camera Digital Conversion」
  2. まるで車輪付きの2階建てビル——世界最大の「Hummer H1」がUAEの博物館に収蔵
  3. 目を閉じても見える——網膜にARを投影するスマートコンタクトレンズを開発
  4. リニア式電源、ラズパイ対応の高音質ミュージックサーバー「MS-100」を発売
  5. タイピングした文字を手書きしてくれるロボット「PlottyBot」——Raspberry Piで製作
  6. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  7. ラズパイで放射線量を記録——ソーラーパネル搭載のガイガーカウンターDIYキット「RadSense」
  8. Raspberry PiによるPCデータレコーダーのエミュレータ「Raspberry Pi用ピーガーMODEM 【初回版】」発売
  9. 理科の授業に必要な計測/制御などを1台で——USBを挿すだけで使える道具箱「AkaDako STEAM BOX プロトタイプ」
  10. フィルムカメラをデジタル化——Raspberry Piを使った「Digital Film Cartridge for Analog Cameras」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る