新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ロックバスターを腕に装着——ロックマンでゲームプログラミングを学ぶ「メイク ロックマン」

Scratchベースのプログラミングツールでカプコンの名作ゲーム「ロックマン」の体感型ゲームを作りながらプログラミングを学べるキット「メイク ロックマン~史上最大のプログラミング~」がMakuakeでプロジェクトを開始した。

photo

メイク ロックマンは、ロックマンの世界観を再現。ロックマンのさまざまな動きや、腕に装着する体感コントローラーによる操作などをプログラミングによって実現しながらプログラミングを学ぶことができるキットだ。

photo

基本的なロックマンの動きのプログラミングから始まり、コントローラーの作製、ゲームステージの作成、敵キャラクターの作成など徐々にステップアップするようになっている。

photo

教材のロックバスター型コントローラーは、アーテックのアーテックロボを使用して作成。アーテックロボは、さまざまな形状のブロックを組み合わせたアーテックブロックとセンサー、ソフトウェアをセットにした、ロボットプログラミングキットだ。センサーは加速度センサー、ジャイロセンサー、コンパス(磁気センサー)、温度センサーなどを搭載する。

photo

プログラミンソフトは、学習用プログラム言語Scratch3.0をベースにしたもので、マウス操作でプログラムすることができる。ゲームに登場するキャラクターを倒したり武器を撃つ際の効果音をはじめ、キャラクターやステージの画像などはすべて本物のデータを使用している。解説書は学研が手掛けたものだ。

photo

WindowsやMac、iOS、Android、ChromeOSに対応し、タブレットであればBluetoothでコントローラーと接続できる。

photo

支援およびリターンは、「【makuake割】メイクロックマン」本体×1点で2万1550円(税込)などが用意されている。プロジェクト目標100万円のところ2020年9月9日時点で約620万円の支援が集まっており、プロジェクトを達成している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Arduino互換でカスタマイズできる——手のひらにのる犬型ロボット「Petoi Bittle」
  2. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  3. 研磨しやすいPLA——APPLE TREE、3Dプリンター用フィラメント「MODERA:PLA」発売
  4. Formlabs、大型造形可能な歯科用3Dプリンター「Form 3BL」と後処理用のアイテム2種を発表
  5. アマビエが手洗いを見守るキットをM5stackで作る
  6. テクダイヤと久宝金属製作所、FFF方式3Dプリンター用0.1mm径ノズルを開発
  7. 両手がふさがっていてもスマホが操作できる——舌を使ったインタフェース「[in]brace」
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. キャリブレーション不要ですぐに使える——プロ用デスクトップ3Dスキャナー「Polyga Compact S1」
  10. 「タオバオ」に挑戦したけど異文化に揉まれて何も買えませんでした——失敗から学ぶ、ネットショップで使える中国語10選

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る