新しいものづくりがわかるメディア

RSS


「Maker Faire Tokyo 2020」、オンサイト/オンラインプログラムを公開

今年の「Maker Faire Tokyo 2020」は、2020年10月3~4日にオンライン/オンサイトで開催される。オンサイトは東京ビッグサイト西4ホールでの縮小開催で、チケットは時間指定の枚数限定、事前登録制だ。

Makerたちが集合し展示やデモンストレーションを行うイベントMaker Faire Tokyoは、今年は新型コロナウイルス感染症対策を重視しながら、オンライン/オンサイトでの開催となる。オンサイト会場は例年より縮小して東京ビッグサイト西4ホールのみとし、会場内での密集や密接を避け、ホールの最大収容人数を順守するために、入場時間を事前登録する前売りチケットのみの販売だ。また、開場時間も短縮されている。また、マスク着用、物理的距離の確保、など、新型コロナウイルス対策が実施される予定だ。

販売する時間制チケットは、2020年10月3日の12:00~14:00、14:00~16:00、および同月4日の10:00~12:00、12:00~14:00、14:00~15:00の5種類だ。入場時間は指定されるが入れ替え制ではなく、当日に限り再入場は可能。当日券販売はないので必ず事前購入が必要だ。入場券は、1日限り有効で大人1000円、18歳以下500円となっている。

Maker Faire Tokyo 2019 ダイジェスト

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Arduino互換でカスタマイズできる——手のひらにのる犬型ロボット「Petoi Bittle」
  2. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  3. 研磨しやすいPLA——APPLE TREE、3Dプリンター用フィラメント「MODERA:PLA」発売
  4. Formlabs、大型造形可能な歯科用3Dプリンター「Form 3BL」と後処理用のアイテム2種を発表
  5. アマビエが手洗いを見守るキットをM5stackで作る
  6. テクダイヤと久宝金属製作所、FFF方式3Dプリンター用0.1mm径ノズルを開発
  7. 両手がふさがっていてもスマホが操作できる——舌を使ったインタフェース「[in]brace」
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. キャリブレーション不要ですぐに使える——プロ用デスクトップ3Dスキャナー「Polyga Compact S1」
  10. 「タオバオ」に挑戦したけど異文化に揉まれて何も買えませんでした——失敗から学ぶ、ネットショップで使える中国語10選

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る