新しいものづくりがわかるメディア

RSS


「Maker Faire Tokyo 2020」、オンサイト/オンラインプログラムを公開

今年の「Maker Faire Tokyo 2020」は、2020年10月3~4日にオンライン/オンサイトで開催される。オンサイトは東京ビッグサイト西4ホールでの縮小開催で、チケットは時間指定の枚数限定、事前登録制だ。

Makerたちが集合し展示やデモンストレーションを行うイベントMaker Faire Tokyoは、今年は新型コロナウイルス感染症対策を重視しながら、オンライン/オンサイトでの開催となる。オンサイト会場は例年より縮小して東京ビッグサイト西4ホールのみとし、会場内での密集や密接を避け、ホールの最大収容人数を順守するために、入場時間を事前登録する前売りチケットのみの販売だ。また、開場時間も短縮されている。また、マスク着用、物理的距離の確保、など、新型コロナウイルス対策が実施される予定だ。

販売する時間制チケットは、2020年10月3日の12:00~14:00、14:00~16:00、および同月4日の10:00~12:00、12:00~14:00、14:00~15:00の5種類だ。入場時間は指定されるが入れ替え制ではなく、当日に限り再入場は可能。当日券販売はないので必ず事前購入が必要だ。入場券は、1日限り有効で大人1000円、18歳以下500円となっている。

Maker Faire Tokyo 2019 ダイジェスト

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry PiでPCを遠隔管理——KVM over IP用拡張ボード「PiKVM v3 HAT」
  2. Raspberry Piをソーラーパワーで動かす——太陽光発電システム「SolarMAX2」
  3. Raspberry Piで制御するロボットアーム——音声コントロール対応6軸ロボットアーム「mechArm」
  4. バイオ燃料の限界を超える人工酵母を開発
  5. ステンレスへの刻印も——7.5Wダイオードレーザー加工機「OKU Desk」
  6. Arduinoと各種センサーによる水耕栽培の自動制御装置を作るワークショップから、Raspberry Piの設定から簡単なプログラミングまで学べる入門講座まで(9月25日~)
  7. 授業で数学を選択しないと脳の認知機能に悪影響を与えるという調査
  8. 低価格でも精密な造形——DLP方式3Dプリンター「Anycubic Photon Ultra」
  9. まるでニキシー管——レトロなディスプレイデバイス「Nextube」
  10. ソード、Raspberry Pi搭載ネットワークカメラ「SRiシリーズ」発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る