新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Arduino互換でカスタマイズできる——手のひらにのる犬型ロボット「Petoi Bittle」

手のひらサイズの犬型ロボットキット「Petoi Bittle」がKickstarterに登場し、クラウドファンド開始後、わずか1日で目標額の調達に成功している。

photo

Petoi Bittleは、犬の四足歩行を再現できるロボットドッグだ。柔軟性の高い素材を使ったソフトなデザインで、前脚に組み込まれたスプリングがジョインとサーボへのショックを和らげ、ギアーを保護し、しなやかな動きを可能にしている。

photo

ボディはインターロック構造のフレームで、ネジの数を最小限に抑え、パズルのように組み立てや分解ができ、約1時間で完成する。制御は、Arduinoベースのカスタマイズボード「NyBoard V1」を使用。独自のOpenCatコードの他、C/Arduino IDE/Pythonによるプログラミングにも対応する。

photo

アクチュエーターには、270度可動するスリムな高速サーボ「P1S」9個を使用する。8個を脚の関節に、1個を頭のスピン用に配置しており、段差を器用に登ったり、ひっくり返っても自ら起き上がったり柔軟な動きを可能にする。

photo

Windows/macOS/Android対応のBluetooth/Wi-Fiドングルを搭載し、ワイヤレスでPC、スマホアプリからコードのアップロードやコントロールができる。サイズは200×110×110mmで重さは約280gと小型軽量ながら、ボディ下に最大450gの荷物を積載できる。リチウムイオン電池パックを搭載し、約1時間の連続歩行が可能だ。

photo

NyBoard V1は、Raspberry Piが搭載できるよう、2×5ピンのソケットを備えており、Pi ZeroやPi 3A+を搭載し、シリアルまたはI2Cで接続できる。オプションでAIカメラ、ジェスチャーセンサー、赤外線センサー、ライトセンサーなど各種モジュールを用意している。

photo

Petoi Bittleは、今ならKickstarter特別価格225ドル(約2万3800円)で入手できる。セット内容は、ボディパーツ、サーボ×10、バッテリーパック、NyBoard V1、Bluetooth/Wi-Fiドングル。2020年12月の出荷を予定しており、日本への送料は30ドル(約3180円)だ。

photo

Petoi Bittleは、2020年10月8日までクラウドファンディングを実施中。9月24日時点で、5万ドル(約529万円)の目標額を大きく上回る約38万ドル(約4000万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. cmレベルの高精度RTK-GPS測位ができる拡張ボード「GPS-RTK HAT for Raspberry Pi」
  2. 放射性中性子を排出しないクリーンな核融合——コンパクトで高効率な水素-ボロン核融合炉を計画
  3. Raspberry Piと3Dプリンターで自分好みのデジカメを作ろう——レンズ交換式カメラ「PIKON Camera」
  4. ラズパイとLTEを搭載——防塵防水55インチ4Kモニター発表
  5. ラズパイやJetson Nanoを最大8個搭載可能なクラスターケース
  6. 発がん性物質などを含まない、光造形3Dプリンター用レジン「エキマテ」改良版が発売
  7. DINレール対応ラズパイケース——Raspberry Pi 4B用アルミケース発売
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. 第1回 ラズパイってなんですか
  10. 第9回 ラズパイでWindowsとやり取りするにはどうしたらいいですか

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る