新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Nature Architectsが9000万円の追加資金調達を実施——メタマテリアルを活用した設計アルゴリズム「DFM」を開発

東京大学発のスタートアップNature Architectsは2020年9月30日、シリーズAのエクステンションラウンドとして、三菱マテリアルCVC、ニフコ、PKSHA SPARX アルゴリズム1号ファンドを引受先とする9000万円の追加資金調達を実施した。同年5月に完了した資金調達と併せて、シリーズAラウンドとしては累計4.15億円の調達となった。

photo

同社はメタマテリアルを活用することで、従来のものづくりとは異なる製品設計が可能になる設計アルゴリズム「DFM」を開発している。DFMは、各パーツのあるべき「硬さ」を計算し、それを達成するメタマテリアルを生成/割当て可能にする設計アルゴリズムだ。

従来は、ボルトやフレームヒンジなどの硬い部品を組み立てることで製品を設計するが、メタマテリアルの活用により部品毎の硬さ(柔らかさ)の制御が可能になる。その結果、硬い部材に振動吸収機能を付与するなど、新しい機能をパーツに付加したり、フレームや稼働部など部位ごとに必要な様々な機能を部品に分けることなく一体で設計/製造できる。

今回同社は、DFM技術を社会に実装するため、事業面での協業を見据えたパートナー企業と資本提携を実施した。三菱マテリアルCVCとは材料面で、ニフコとは製品開発面で、PKSHA SPARXアルゴリズム1号ファンドとは設計アルゴリズムおよびライセンスビジネス面において協業を目指す。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. cmレベルの高精度RTK-GPS測位ができる拡張ボード「GPS-RTK HAT for Raspberry Pi」
  2. 放射性中性子を排出しないクリーンな核融合——コンパクトで高効率な水素-ボロン核融合炉を計画
  3. ラズパイとLTEを搭載——防塵防水55インチ4Kモニター発表
  4. 発がん性物質などを含まない、光造形3Dプリンター用レジン「エキマテ」改良版が発売
  5. ラズパイやJetson Nanoを最大8個搭載可能なクラスターケース
  6. DINレール対応ラズパイケース——Raspberry Pi 4B用アルミケース発売
  7. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. カットもできる、10万円以下の組み立て式レーザーカッターLazervidaを使ってみた
  10. ラズパイにハードウェアクロックを——「Raspberry Pi 400用 RTCモジュール」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る