新しいものづくりがわかるメディア

RSS


組み込み用途のRaspberry Pi——最新版「Raspberry Pi Compute Module 4」発売

スイッチサイエンスは、産業用アプリケーション向けモデル「Raspberry Pi Compute Module」の取り扱いを2020年10月19日に開始。最新版の「Raspberry Pi Compute Module 4」を発売する。

Raspberry Pi Compute Moduleは、産業ユーザー向け組み込み機器などにRaspberry Piを搭載したい場合に、最適な超小型のシステムオンモジュールだ。別売りのI/Oボードと組み合わせれば、USB機器、イーサネット、HDMI、SDカードなどの外部接続インターフェースを利用できる。従来モデルはSO-DIMM互換コネクターを利用していたが、Raspberry Pi Compute Module 4では別形状となっている。

スイッチサイエンスが取り扱うモデルは、BCM2711クアッドコアCortex-A72、各種通信機能、映像用インターフェースを搭載した「メモリ1GB/eMMC32GB」「メモリ2GB/eMMC32GB」「メモリ2GB/eMMC32GB/Wi-Fi搭載」「メモリ4GB/eMMC32GB/Wi-Fi搭載」と、Raspberry Pi Compute Module 4用入出力拡張基板 「I/Oボード」の5製品で、発売日は現在調整中とのことだ。

価格は、メモリ1GB/eMMC32GBが6380円、メモリ2GB/eMMC32GBが7150円、メモリ2GB/eMMC32GB/Wi-Fi搭載が8030円、メモリ4GB/eMMC32GB/Wi-Fi搭載が1万340円、I/Oボードが5650円(消費税込み)。

同社では、国内の認証状況やニーズに合わせて、段階的な取り扱い製品の拡充を予定している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 全てのヘッドホンをスマートヘッドホンに変換する技術を開発
  2. 800種類の電子パーツを紹介——日経BP「ラズパイ工作 パーツ大全 2021-2022」発刊
  3. 太陽エネルギーを長期間貯蔵できる液体「太陽熱燃料」開発プロジェクト
  4. フィギュアの肌を美しく——Bfull、3Dプリントによる美肌表現技術を開発
  5. 会社を辞めて、カセットテープDJ装置を製品化することにしました
  6. 64ビットRISC-Vチップを搭載したLinuxボード「Nezha」
  7. プラスチックの射出成形技術を応用し、高純度石英ガラスを製造するプロセスを開発
  8. インターステラテクノロジズが「ねじのロケット」の全面改良を完了
  9. 5G通信網を使ってスマホをワイヤレス充電——新しいミリ波ワイヤレス給電システムを開発
  10. 街中での使用に特化した小型の風力タービン——日照日数が少ない地域ではソーラーパネルより安価でより多く発電可能

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る