新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ヴイストン、サイズや車輪数のカスタマイズができる「メガローバーVer2.1 フルカスタム版」発売

ヴイストンは、研究開発用台車ロボット「メガローバー」の筐体サイズや車輪数のカスタマイズができる「メガローバーVer2.1 フルカスタム版」を発売する。

photo

メガローバーVer2.1は、可搬重量約40kgの二輪駆動台車ロボット。今回発売するフルカスタム版では、注文時に通常の三輪構造かまたは四輪構造かの指定ができる。また、トレッド(駆動輪の間隔)とホイールベース(駆動輪とキャスターとの間隔)をそれぞれ指定できる。指定範囲は三輪の場合のトレッドが480~1000mm、ホイールベースが277~800mm、四輪の場合はトレッドが290~800mm、ホイールベースが260~800mmとなる。各1mm単位での指定が可能だ。LRFや非常停止スイッチ、ワイヤレス充電、Raspberry Pi 4Bなどの有料オプションも用意されている。

photo

ロボット本体は、サイズや車輪数に関わらず可搬重量が40kg、内蔵バッテリーによる最大稼働時間は約65時間だ。Wi-FiやBLE、Bluetooth Classicの3種の無線通信、またはUSBによる有線通信に対応し、ROSメッセージ通信でコントロールできる。ドキュメントとサンプルプログラムが付属しているので初心者でもROS環境による制御が可能だ。また、Arduino IDEによるプログラムも可能で、専用の無線コントローラーでも操作できる。

受注生産となり同社Webサイトで注文を受け付けている。価格はオープン価格だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ラズパイで動くレトロな超小型デスクトップPCを自作
  2. 厚さはたったの11mm——世界最薄とうたうRaspberry Pi Zero搭載「ラジカセ」
  3. 特集はMicroPython——CQ出版、「Interface 2023年3月号」発売
  4. ネオンを編む!? サイバーパンクな編み物で、輝くニット帽を作ってみた
  5. 1年半で国産ドローンを量産——金沢発、群制御に特化したドローンショー用機体「unika」を生んだスタートアップの歩みと未来
  6. ハッキング手法を試行してプログラミング学習——ラズパイマイコン搭載USBデバイス「HackyPi」
  7. 自転車を30秒で電動化する、E-bikeコンバージョンキット「LIVALL PikaBoost」
  8. ラズパイとAndroidでオシロスコープを——Raspberry Pi Picoオシロスコープ向けアナログ基板「PLU2212-DSO」発売
  9. Simplify3D、3Dプリンター用ソフトウェアの最新版「Simplify3D V5」をリリース
  10. 地球上で最も強靭な「高エントロピー合金」を発見

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る