新しいものづくりがわかるメディア

RSS


可搬重量約40kgの二輪駆動台車ロボットをバージョンアップ——ヴイストン、「メガローバーVer2.1」を発売

ヴイストンは、二輪駆動台車ロボット「メガローバーVer2.1」を発売した。

同機は、2018年8月に発売されたメガローバーVer2.0に対し、ユーザーからのフィードバックの反映や信頼性のさらなる向上を加え、Ver2.1としてアップデートを実施した新型モデルだ。

二輪駆動にキャスターを加えた車輪構造を採用しており、シンプルな制御で駆動できるのが特徴だ。可搬重量は約40kg、最高速度は1.4m/秒、バッテリーによる稼働時間は約25時間で、Wi-Fi/BLE/BluetoothClassicの3種類の無線通信と、有線でのUSB接続に対応する。

従来モデルのメガローバーVer2.0からの主な変更点として挙げられるのが、電流制御回路の追加だ。モーター電流制御回路を追加し、より細かな制御が可能となり、過負荷への耐性も向上している。

また本体内の通信経路について対ノイズ性能を向上させており、運用の安定性向上が見込める。

ヴイストンの公式Webショップにて注文を受け付ける。価格は35万円で、前後バンパーオプション(8万円)なども用意する。(価格は全て税別)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 電源不要! ソーラーIoTデバイスを3万円台で作ってみた
  2. 小型バーコードスキャナーを作れるRaspberry Pi用拡張ボード「Zero Barcode HAT」
  3. 独自のアルゴリズムで不可能を可能に——3Dプリントでエアロスパイクロケットの実用化を目指す
  4. スイッチサイエンスが「Raspberry Pi Pico」新製品を販売開始
  5. ペットボトルを1週間で分解——プラごみの環境問題を解決するプラスチック分解酵素を発見
  6. ELEGOO、10インチ8KモノクロLCD搭載3Dプリンター「Saturn 2 8K」の先行予約を開始
  7. 3Dプリンター製液体ロケットエンジン「E-2」が試験燃焼でフル推力を達成
  8. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  9. 品質を維持したまま造形速度を2倍に——ミシガン大学発、3Dプリンター用ソフトウェア「FBS」
  10. 電気を使わずビニールテープ製フライホイールで動く8脚ロボット、発進!

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る