新しいものづくりがわかるメディア

RSS


SOLIZE、個人向けオンライン3Dプリントサービス事業で自動3Dデータ評価システムを開発

SOLIZEの個人向けオンライン3Dプリントサービス事業を展開するINTER-CULTUREは、個人向け3Dプリント事業への自動3Dデータ評価システムを開発し、オンラインでのサービス展開を開始した。

同システムでは、ユーザーがアップロードした3Dデータ(STLファイル)に対し、3Dデータからプリントする場合の形状再現性を評価し、評価結果/回答までの一連の作業を全自動で実施する。微細な形状や材料詰まりを即時に確認できるだけでなく、ビューワー表示で断面や透過性も即時に確認できる。

回答結果はWebブラウザ内の3Dビューワーに表示される。3Dプリントにおいて課題となる箇所に色を付けて表示し、そのモデルの造形再現率を示すことで、3Dプリントに適しているかを判断できるようにしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 世界最大の浮体式洋上風力発電誕生——5万5000世帯分の電力量に匹敵
  2. Raspberry Piで高画質動画撮影を可能にする「Raspberry Pi Cinema Camera」
  3. 二酸化炭素からでんぷんを人工合成するプロセスを開発——農業によるでんぷん生産を置換する
  4. 世界最大の浮体式洋上風力発電誕生——5万5000世帯分の電力量に匹敵
  5. ケイ砂の蓄熱を利用——再生可能エネルギーを安価に保存するシステムを開発中
  6. 1台3役の3Dプリンター「Snapmaker 2.0」の新モデルが登場——静音性と高速性を向上
  7. 真珠層にインスパイアされた「割れない」ガラスを開発——ガラスとアクリル樹脂を組み合わせた複合材料
  8. 電力不要で海水を淡水化——EU主導で進行中の海水淡水化プロジェクト
  9. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  10. 真珠層にインスパイアされた「割れない」ガラスを開発——ガラスとアクリル樹脂を組み合わせた複合材料

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る