新しいものづくりがわかるメディア

RSS


浜松市とCreww、新規事業の創出を目的としたオープンイノベーションプログラム「浜松アクセラレーター2020」開始

Crewwは、浜松市とともに、オープンイノベーションによる新規事業の創出を目的とした「浜松アクセラレーター2020」を2020年10月26日より開始した。

浜松アクセラレーター2020では、浜松のものづくり企業エヌエスティー、エフ・シー・シー、SHODA、テイボー4社の技術や製品などの経営資源と、全国のスタートアップ企業の革新的な技術やアイデアを掛け合わせ、浜松企業の新たな事業創出を促進し、イノベーションエコシステムの構築を目指す。

本プログラムの開始に合わせCrewwのホームページ内に専用WEBサイトをオープンし、スタートアップ企業のエントリーを開始した。浜松企業4社とスタートアップ企業は、シナジー確認から協業までの最終ゴールに向けて、簡単で迅速な選考プロセスの下、強力な連携機会の発掘が可能となる。スタートアップが利用できるリソースは、浜松企業4社の機械とソフトウェアを繋げるノウハウ、顧客ネットワークやサプライチェーン、海外協力会社、精密微細研磨加工技術などがある。

募集期間は2020年10月26日~11月6日。対象企業は国内外すべてのスタートアップ企業で、業種は問わない。専用WEBサイトより、協業案を2500字以内で提案してエントリーする必要がある。

2020年12月25日に1次選考発表、2021年2月12日が最終選考発表。2月15日~4月9日が実証実験期間で、3月12日が成果発表会となっている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 全てのヘッドホンをスマートヘッドホンに変換する技術を開発
  2. 800種類の電子パーツを紹介——日経BP「ラズパイ工作 パーツ大全 2021-2022」発刊
  3. スイッチサイエンス、Raspberry Pi Pico用ディスプレイモジュール2種を発売
  4. 太陽エネルギーを長期間貯蔵できる液体「太陽熱燃料」開発プロジェクト
  5. フィギュアの肌を美しく——Bfull、3Dプリントによる美肌表現技術を開発
  6. 5G通信網を使ってスマホをワイヤレス充電——新しいミリ波ワイヤレス給電システムを開発
  7. 会社を辞めて、カセットテープDJ装置を製品化することにしました
  8. 世界初の木製人工衛星が今年宇宙に
  9. ジョイスティックで動く小型ロボット犬「TiBeast」
  10. コガネイ、空気圧人工筋肉用コントローラー「PMCシリーズ」販売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る