新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ユニバーサルスペース、第2回デザインアワード「安心・安全な住み良い家づくりにつながるユニバーサルデザイン」募集中

ユニバーサルスペースは、介護保険の対象となるデザインアイデアを対象に、第2回デザインアワード「安心・安全な住み良い家づくりにつながるユニバーサルデザイン」への応募を募集している。

photo

本アワードは、「高齢化社会の暮らしを豊かにする」をキーワードにデザインアイデアを募集して、才能ある学生やデザイナーと出会い、応援、コラボレーションを目的としたコンペティションだ。

2回目となる本アワードでは、介護保険の対象となる「手すりの取付」「段差解消」「床材変更」「扉の交換」「洋式便器への交換」の5種類にテーマを絞り、高齢者、家族、介護者らがほっと笑顔になれるデザインアイデアを募集する。応募資格は一切の制限を設けず広く作品を募る。審査員は、大学のデザイン学科の教授、建築家、理学療法士らだ。

当初10月1日~25日で受付、募集を行ったが、募集期間が短かったため11月18日まで再募集することになった。

最優秀賞1点に賞金10万円、優秀賞2点に5万円、佳作3点に1万円。優れたデザインは商品化も検討するとしている。

審査基準は、テーマに沿ったデザイン提案であること、新規性・オリジナリティがあること、私たちの生活をより豊かにし喜びあふれるものにすること。アイデアレベルから実施設計レベルまでを対象とする。

特別サイトからエントリー後、プレゼンテーションシートA3片面2枚以内に、作品タイトル、コンセプト文、作品イメージ(写真・イラスト・CG・図面など)を自由に表現したデータを、メールで事務局まで送る必要がある。

受付、作品応募は10月1日~11月18日、審査日は11月26日、結果発表は11月27日、授賞式は12月3日Zoomにて開催する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 8mmフィルムカメラをRaspberry Piで復活——デジタルカートリッジ「Super 8 Camera Digital Conversion」
  2. まるで車輪付きの2階建てビル——世界最大の「Hummer H1」がUAEの博物館に収蔵
  3. 目を閉じても見える——網膜にARを投影するスマートコンタクトレンズを開発
  4. Raspberry Piを使った天気予報アナログ表示デバイス「Desktop Weather Display」
  5. リニア式電源、ラズパイ対応の高音質ミュージックサーバー「MS-100」を発売
  6. タイピングした文字を手書きしてくれるロボット「PlottyBot」——Raspberry Piで製作
  7. 理科の授業に必要な計測/制御などを1台で——USBを挿すだけで使える道具箱「AkaDako STEAM BOX プロトタイプ」
  8. 第5回 GPIOって何ですか? 機能や役割は?
  9. ラズパイで放射線量を記録——ソーラーパネル搭載のガイガーカウンターDIYキット「RadSense」
  10. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る