新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Mira Roboticsと大成、アバターロボット「ugo」を活用した次世代DX警備ソリューション提供開始

アバターロボットの開発を手掛けるMira Roboticsと総合ビルメンテナンスの大成は、アバターロボット「ugo(ユーゴー)」を活用した、次世代DX(デジタルトランスフォーメーション)警備ソリューションの提供を開始する。

photo

ugoは2本のアームと高さ調整により遠隔で様々な業務を行うことができるアバターロボット。AIによる学習機能で同じ稼働条件下であれば自動モードも可能。従来の単純なアバターロボットと完全自動化ロボット双方の利点を併せ持つ次世代型ハイブリッドアバターロボットだ。

2019年より両社で継続実施していた警備ソリューションに向けての実証実験は2020年12月末に終了予定とし、大成はビルオーナーや警備会社へ向けた警備ソリューションの一環として、2021年1月より次世代DX警備ソリューション「T-Spider」の提供を始める。

photo

T-Spiderは、警備業務を「見える化」し、最新テクノロジーを統合して高度なセキュリティを提供する、次世代DX警備ソリューションのプラットフォームだ。警備業務で必要とされる現場での報告をタブレット上で簡易に入力してデータの蓄積を行い、日々の報告書を作成し、施設管理者にプラットフォーム上で即時共有する。

T-Spiderでは、連携するデバイスの先駆けとしてアバターロボットugoのセキュリティ特化モデル「ugo TS-P(ユーゴー ティーエスピー)」を採用している。ugo TS-Pとの連携により、ugoの巡回業務後に巡回報告のレポートを自動作成し、ugoによる警備業務の仕事の幅を広げるとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Piで家電最大8台をコントロールできるリレー拡張ボード「PiRelay 8」
  2. Motorola、充電パッド不要のスマートフォンを開発へ
  3. スイッチサイエンスが「Maker Pi RP2040」を発売
  4. ロボットを自律走行化する——360°センシング可能なLiDARセンサー「LD-AIR LiDAR」
  5. グラフェンと異なる、新たな2Dカーボン構造を発見
  6. サイズわずか18×32mm——Mouser Electronics、ESP32搭載無線通信モジュール「TinyPICO」発売
  7. 「M5StickC」で電子工作を学ぶ「はじめての『M5StickC』」発刊
  8. Excel方眼紙とM5Stackで文系サラリーマンがドット絵ゲームを自作する
  9. 「中国の人工太陽」がプラズマ温度と持続時間で世界新記録——核融合発電の重要なマイルストーン
  10. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る