新しいものづくりがわかるメディア

RSS


smartDIYs、ガラスやアクリルなどの透明な素材が加工できるオールインワン CO2レーザーカッター「Etcher Laser Pro」予約販売開始

smartDIYsは、オールインワン CO2レーザーカッター「Etcher Laser Pro」の予約販売を、2020年11月4日に開始した。

photo

Etcher Laser Proは、「Etcher Laser」の上位モデル。30WのCO2レーザーを搭載したことで、ガラスやアクリルなどの透明な素材の加工が可能になり、リニアガイドと呼ばれる機構を採用して、加工の精度と安定性が高くなった。

photo

本体の大きさは786×600×325mm(突起物含まず)、重さ約50kg。加工エリアは450×300mm、加工エリアの深さは25mm(ハニカムテーブルを取り外すと35mm)、連続使用時間は30分以下。 本体に集塵機能も搭載し、煙や臭いを軽減する3種類のフィルターが本体作業エリアの下位部分に収納されているため、別途集塵機や排気ファンなどを購入、取り付ける必要がない。水冷装置や消炎装置も内蔵されているため、本体以外の機器は不要だ。

photo

操作はPC用ソフトウェアまたは2021年1月リリース予定のスマートフォン専用アプリで行う。 ソフトウェア上に装置内の写真を取り込むカメラが搭載されているため、素材の位置を確認しながらデータの位置が調整できる。

使用できるデータは、イラストレーターやCADから作成したデータ、手書きの文字やイラスト、写真となっている。

定価34万8千円が、予約購入すると約15%オフの29万8千円(価格は税抜)。予約販売期間は1カ月間、一般販売は12月5日より開始予定。同社サイトで販売を行う。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Bfull、光造形3Dプリンターの積層痕をなくす「積層レスコート」を開発しフィギュア生産に採用
  2. 自作スマートウォッチも——0.95インチOLED搭載Arduino互換ボード「Pocuter」
  3. 水を飲むだけでピタリと止まる——しゃっくりを簡単に止められるストローを開発
  4. 90×90mmサイズに充実した入出力——Raspberry Pi CM4用キャリアボード「TOFU」
  5. ArduinoやRaspberry Piで動かせる自動走行車モデルの技術解説カンファレンスから、Raspberry Piと各種センサーでIoTシステムの基礎が学べるオンラインイベントまで(9月12日~)
  6. Dr.片山の100均ロボット研究室 高くて買えないけど絶対欲しい廉価版犬型ロボットを作ってみた
  7. 大気から飲料水を作る——電力不要で24時間稼働できる集水装置を開発
  8. 種まきや除草を自動化——マシンラーニング搭載のガーデニングロボット「Sybil」
  9. コーディング不要でIoT開発——Arduino「Oplà IoT Kit」向けテンプレートを公開
  10. フィルムカメラをデジタル化——Raspberry Piを使った「Digital Film Cartridge for Analog Cameras」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る