新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry Pi 4をパソコンに——キーボード一体型デバイス「Raspberry Pi 400」

Raspberry Pi財団は、2020年11月2日にRaspberry Pi 4を組み込んだキーボード型パソコン「Raspberry Pi 400」を発表した。これを受けてスイッチサイエンスは、2021年以降に国内向けの取り扱いを開始する予定だ。

Raspberry Pi 400は、Raspberry Pi 4をキーボードに組み込んだパソコンだ。ディスプレイやマウスをつなぐだけで手軽に使い始めることができる。クアッドコア64ビットのプロセッサー、ワイヤレスネットワーク、デュアルディスプレイ出力、4Kビデオ再生 機能を備え、インターネットや動画の閲覧、ドキュメントの作成や編集、プログラミング教育用のパソコンとして使うことができる。

サイズは286×122×23mm、電源は5V/3A(USB Type-Cコネクター)。

今回発表されたモデルは、ヨーロッパ、北アメリカ、カナダに対応。スイッチサイエンスによれば、日本での販売開始時には、日本語配列キーボードや工事設計認証(技適)にも対応し、32GB microSDカード、HDMIケーブル、ACアダプタ(電気用品安全法準拠のもの)、マウスを同梱する予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 全てのヘッドホンをスマートヘッドホンに変換する技術を開発
  2. 800種類の電子パーツを紹介——日経BP「ラズパイ工作 パーツ大全 2021-2022」発刊
  3. 太陽エネルギーを長期間貯蔵できる液体「太陽熱燃料」開発プロジェクト
  4. フィギュアの肌を美しく——Bfull、3Dプリントによる美肌表現技術を開発
  5. 会社を辞めて、カセットテープDJ装置を製品化することにしました
  6. 64ビットRISC-Vチップを搭載したLinuxボード「Nezha」
  7. MIT、古文書を未開封のまま解読する手法を開発——300年前のセキュリティを解析
  8. 街中での使用に特化した小型の風力タービン——日照日数が少ない地域ではソーラーパネルより安価でより多く発電可能
  9. ちっちゃい! 切手サイズの「Tiny2040 RP2040 開発ボード」、ケイエスワイが販売
  10. インターステラテクノロジズが「ねじのロケット」の全面改良を完了

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る