新しいものづくりがわかるメディア

RSS


耳をふさがず運動中も安心——骨振動で音を伝えるヘッドバンド型サウンドウェア「Sonik」

骨振動で音を伝えるヘッドバンド型サウンドウェア「Sonik」がKickstarterでクラウドファンディング中だ。

Sonik

Sonikは、スポーツ用ヘアバンドのように頭に装着して使う骨伝導型Bluetoothスピーカー。スマートフォンとペアリングして音楽再生ができ、ノイズキャンセリングマイクも内蔵しているのでかかってきた電話に出て通話することもできる。

Sonik
Sonik

Sonikの重さは25gと軽く、耳をふさぐことがないので、ランニング、サイクリング、テニスなどスポーツを楽しむ際に安心して使うことができる。音楽の再生や停止、着信応答などの操作は、本体に取り付けられた3つのボタンで行う。

Sonik

SonikはUSB充電式。1回の充電で4時間使える。ヘッドバンドの色は黒かオレンジが選択でき、汚れたらスピーカー部分を取り外して洗うことができる。

Sonik

Sonikの早期割引価格は、69ドル(約7200円)。出荷は2020年12月の予定で、日本への送料は10ドル(約1000円)だ。ただし、Sonikを日本国内で使用するには、技適(技術基準適合証明・認定)を取得し技適マークが付されていなければならないので、注意が必要だ。

Sonikは1万ドル(約100万円)を目標に2020年11月13日までクラウドファンディングを実施するが、2020年11月6日時点で目標額を既に達成し、約2万2000ドル(約230万円)を既に集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 米海軍、強襲揚陸艦「エセックス」上で金属3Dプリンター導入実証実施
  2. 3Dプリントでデスクトップサイズの風洞試験装置を自作
  3. 組み立てて動かせる──ステンレス製組み立てキット「Metal Time」(4種類)
  4. 造形サイズが2.7倍に拡大——FLASHFORGEデスクトップ家庭用3Dプリンター「Finder3」発売
  5. 地下から無尽蔵のエネルギーを得る——MIT、強力マイクロ波を使って大深度地熱井を掘削
  6. 特集は3Dものづくり入門——CQ出版、「トランジスタ技術」2022年9月号発売
  7. DLP光造形3Dプリンター「RAYSHAPE」、サンステラ3Dモールで取り扱い開始
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. チャンバー内温度270°——QUALUP SAS、マルチマテリアル対応高温3Dプリンター「Qu3 HT」発表
  10. 第1回 ラズパイってなんですか

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る