新しいものづくりがわかるメディア

RSS


スマート窓「Atmoph window」のアトモフ、1.5億円を追加で資金調達

Atmoph Window 2 | Disney​

スマート窓「Atmoph Window」シリーズを製造開発するアトモフは2020年11月6日、シリーズB2ラウンドとして合計1.5億円の資金調達を完了した。

今回の資金調達は既存投資家のMonozukuri Venturesに加え、中信ベンチャーキャピタル、そして個人投資家として笠原健治氏(ミクシィ創業者)や柄沢聡太郎氏(Almoha LLC Co-Founder CEO)、濱崎健吾氏(Indiegogo)を株主として迎える。

「Atmoph Window 2」は2019年春にクラウドファンディングで合計1億円を達成し、2020年4月から出荷を開始した窓型スマートディスプレイだ。年初比で400%の販売実績を残しており、9月3日から10月29日に実施したカリモク製の虫食い木材モデルのMakuakeにおけるクラウドファンディングでは、約1750万円の調達に成功した。

また9月30日に発表した「Atmoph Window 2 | Disney」では、ディズニー実写映画のワンシーンの静止画から10分の風景映像をCGで生み出すことに成功している。

今回の調達資金は開発/製造体制の強化に加え、CG制作の本格化と世界展開加速のためのマーケティング強化に充当される。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 8mmフィルムカメラをRaspberry Piで復活——デジタルカートリッジ「Super 8 Camera Digital Conversion」
  2. 目を閉じても見える——網膜にARを投影するスマートコンタクトレンズを開発
  3. リニア式電源、ラズパイ対応の高音質ミュージックサーバー「MS-100」を発売
  4. タイピングした文字を手書きしてくれるロボット「PlottyBot」——Raspberry Piで製作
  5. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  6. Raspberry PiによるPCデータレコーダーのエミュレータ「Raspberry Pi用ピーガーMODEM 【初回版】」発売
  7. ガラスやアクリルのような透明感を表現——3Dプリンター用クリアインク「MH-110PCL」
  8. イグアス、「3Dプリンター向け 仕上げ加工ツール」のオンライン販売開始
  9. 伝説の名機を小型化して技術情報公開を目指すオープンソースシンセサイザー「Profree-4」
  10. フィルムカメラをデジタル化——Raspberry Piを使った「Digital Film Cartridge for Analog Cameras」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る