新しいものづくりがわかるメディア

RSS


窓の外は夢と魔法の国——スマートウィンドウ「Atmoph Window 2」にディズニーコラボモデルが登場

Atmophは2020年9月30日、ウォルト・ディズニー・ジャパンとライセンス契約し、スマートウィンドウ「Atmoph Window 2」のコラボレーションモデルとなる「Atmoph Window 2 | Disney」の先行予約を開始した。

photo

2015年に発売された「Atmoph Window」 は、世界中で撮影した映像やライブストリーミング映像など、美しい風景を4Kサイズの高品質動画で楽しめるスマートウィンドウとして登場した。2019年に発表されたAtmoph Window 2では、カメラモジュールや複数台での連携機能などグレードアップが図られている。IndiegogoとMakuakeでクラウドファンディングを実施し、総額で1億円以上の支援を集めた。

photo

今回発売するディズニーモデルの特徴は、3本のディズニー実写映画から選び抜いたCG風景を搭載していることだ。映画のワンシーンや1つの静止画から、波の動きや風で揺れる木の葉などの動きをCGで追加、ディズニー監修のもと、10分前後の風景動画に仕上げている。

photo

1本目の風景は、2019年公開の実写版「アラジン」から、アグラバーの夕日をピックアップ。水の上を行き交う船や野鳥、人々が行き交う宮殿など、アラビアンナイト直前の暮れゆく宮殿風景を眺められる。この風景は、配送時に既に本体に搭載されている。

photo

2本目の風景(同年12月追加予定)は「マレフィセント」からの風景、3本目(2021年2月追加予定)は「ライオン・キング」からのシーンをそれぞれ予定している。今後追加リリースされるディズニー映画の風景については、4本目以降は1本1890円で購入できる。

photo

外側のフレームは、天然の木を使い、カリモク家具が高い技術力とこだわりで、ひとつひとつ丁寧に仕上げたウッドフレームだ。窓枠のデコレーションも特別モデルを用意しており、他のモデルにはない、お城の窓から眺めているようなデコレーションが用意されている。

photo

サイズは647×386×65mm、重量は4.5kg。価格は7万4800円(税抜)で、予約特典として初回生産分(400台限定)に限り、同年12月中に配達予定だ(以降は2021年2月から順次発送予定)。また初回生産分の限定400台のみ、2021年にリリースを予定している4本目のディズニー風景の無料クーポンがプレゼントされる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  2. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  3. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  4. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  5. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功
  6. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  7. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  8. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  9. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  10. 第1回 ラズパイってなんですか

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る