新しいものづくりがわかるメディア

RSS


デジタル窓「Atmoph Window 2」がIndiegogoでクラウドファンディング開始

アトモフは、スマートウィンドウ「Atmoph Window 2」のクラウドファンディングをIndiegogoにて開始した。

2015年に発売された「Atmoph Window」は、世界中で撮影した映像やライブストリーミング映像など、美しい風景を4Kサイズの高品質動画で楽しめるスマートウィンドウとして登場した。2017年4月のアップグレードでは5Gネットワークにも対応している。

Atmoph Window 2では新たにカメラモジュールを搭載。スマートフォンにより、外出先でもペットの様子など、普段は知ることのできない室内の様子を確認できる。

また、窓を見ている人の顔の位置や角度をリアルタイムにトラッキングし、動きに合わせて景色を連動できる機能も搭載している。

フレームの付け替えも可能に。スタンダード5色に加え、ウォールナットなどの木製フレームや形の違うフレームなど、多様な種類から選べる。

木製フレームは、日本の家具メーカーカリモク家具が製造を担当。木材が本来持つ温かみと柔らかさを活かした滑らかで美しいフレームが、部屋に自然な明るさをもたらしてくれる。

従来1個だったスピーカーを2個に増設し、より力強いサウンドが再生可能となった。 スピーカー自体も振動スピーカーに変更されたことで、画面全体が振動し、よりダイナミックなサウンドを体験できるように。ナイアガラの滝の音や小川のせせらぎなどの低音も再生でき、臨場感を楽しめる。

さらに、Bluetoothによる音楽再生機能も搭載。スマートフォンのプレイリストを再生可能だ。

Indiegogoでの目標金額は5万ドル(約557万円)。2019年4月5日時点で400万円以上を集めている。製品出荷は2019年9月頃の予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. IBMチューリッヒ研究所、LEGOとArduinoとRaspberry Piを使って総額300ドルの顕微鏡を作製
  2. 弦ごとのコントロールも可能——エレキギター用光学式ピックアップ「ōPik」
  3. Raspberry Piのサンプルプログラムで機械学習を学ぶ——CQ出版、「ラズパイとカメラで自習 機械学習」発刊
  4. 楽器に挫折した人々を救う新楽器「インスタコード」誕生
  5. 5分で組み立て可能——モジュラー式デスクトップ3Dプリンターキット「Creality CR-6 SE」
  6. 英バース大、3Dプリントして自作できる研究室グレードの顕微鏡デザインを公開——最安製造コストは2000円以下
  7. マスク装着時の不快感を軽減——B´full、「3Dプリント製 立体インナー:メイクキープフレーム」販売開始
  8. 町工場の声から生まれたAI——製造業を支えるスタートアップを目指すロビット
  9. 8GBメモリを搭載——スイッチサイエンス、「Raspberry Pi 4 Model B/8GB」を発売
  10. SPDTリレー×4搭載——「ESP32」ベースのIoTモジュール「ESP Module」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る