新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Geek Guild、商用利用可能なディープラーニングフレームワーク「SmallTrain ver.0.2.0」のソースコード公開

Geek Guildは、高精度なAI学習済みモデル開発に使えるディープラーニングフレームワーク「SmallTrain ver.0.2.0」のソースコードをGitHubに公開した。MITライセンスに準拠しており、商用利用が可能だ。

photo

SmallTrainは、ライブラリ機能とラッパー機能を兼ね備えたオープンソースフレームワークだ。Kerasのように使えて、多様なデータを学習済みのAIモデルを起点に転移学習をするだけで工数をかけずにAIを構築できる。SmallTrainに手持ちのデータを入れて転移学習するだけで、ダイナミックプライシング、画像認識、時系列データなどのAIサービスが作れる。MITライセンスに準拠しており、商用利用が可能だ。

photo

精度の高いAIが低工数でできることを体験してもらい、ユーザーがオープンソースプロジェクトに参加できるように、ソースコードの完全公開に踏み切った。AI開発が身近になるように、ドキュメントを少しずつ増やし、プログラムを1から開発しなくてもAIが作れるようにしている。今回はAWSのサーバを使って体験できるチュートリアルを追加し、AWSのGPUインスタンスの使い方も記載されている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ビルを巨大な電池に変える——再生可能エネルギーを蓄えるセメントベースのバッテリーを開発
  2. Raspberry Piで画像認識AIを作る——機械学習開発キット「Microsoft Machine Learning Kit for Lobe」
  3. Raspberry PiでLEDを自動監視——TOKAIコミュニケーションズ「LED 監視自動化サービス」提供開始
  4. エネルギー損失なく海水から飲料水を生成できる蒸発装置が登場——水資源に恵まれない地域の水問題を解決
  5. 造形速度毎秒250mm——サンステラ、FFF方式3Dプリンター「Creality 3D Ender-7」発売
  6. スイッチサイエンス、冷却効果に優れる「Raspberry Pi 4用 デュアルファン アルミケース」を発売
  7. Markforged、新型3Dプリンター「FX20」の発表を予告
  8. 3Dプリンターと大判プリンターでオリジナルのテントをつくる
  9. お手頃価格なのに業務用レベルの3Dスキャナー「Sense Pro+」が登場
  10. スイッチサイエンスが「Pico Explorer Base」などRaspberry Pi Pico関連3製品を発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る