新しいものづくりがわかるメディア

RSS


アールエスコンポーネンツ、 「Raspberry Pi 4スターターキット」発売

アールエスコンポーネンツは、「Raspberry Pi 4スターターキット」をRS Proブランドにて、2020年11月6日に発売した。

Raspberry Pi 4は、Raspberry Pi 3に比べて、プロセッサーの処理能力、4K映像再生などのマルチメディア対応性能、4GBのメモリー容量、ワイヤレス機能が向上しており、エントリークラスのパソコンに匹敵するコンピューティング性能だ。Raspberry Pi 4Bスターターキットは、初心者が始めるのに必要な部材が入っているキットで、 microSDカードにNOOBS OS V3.3.1がプリロードされている 。Raspberry Piにモニター、キーボード、マウス、パワーサプライをプラグインするだけで使用できる。

Raspberry Pi 4 B 4GBボードには、BCM2711プロセッサークアッドコア A72 64bit SoC、4GB SDRAM、2.4/5.0GHz Wi-FiとIEEE802.11ac、ギガビットイーサーネット、USBポート、40ピン拡張GPIOポートなどを搭載する。

2.4GHzと5GHzの両周波数対応の無線LANとBluetoothは、日本の電波法で定められた技術基準適合証明、工事設計認証、電気通信事業法の設計認証を取得済みのため、製品化する際の再申請は不要だ。

スターターキットには、RaspberryPi 4本体、USB-C電源アダプタ、デュアルディスプレイ用マイクロ HDMIケーブル2本、SDカードリーダー、32GB microSDカード、ヒートシンク3個、内部に冷却ファンを取り付け可能な独自アルミケース、ネジ、ゴム足、 スクリュードライバーが同梱されている。販売価格は9980円(税別)。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ラズパイで動くレトロな超小型デスクトップPCを自作
  2. 厚さはたったの11mm——世界最薄とうたうRaspberry Pi Zero搭載「ラジカセ」
  3. ネオンを編む!? サイバーパンクな編み物で、輝くニット帽を作ってみた
  4. 特集はMicroPython——CQ出版、「Interface 2023年3月号」発売
  5. 1年半で国産ドローンを量産——金沢発、群制御に特化したドローンショー用機体「unika」を生んだスタートアップの歩みと未来
  6. ハッキング手法を試行してプログラミング学習——ラズパイマイコン搭載USBデバイス「HackyPi」
  7. ラズパイとAndroidでオシロスコープを——Raspberry Pi Picoオシロスコープ向けアナログ基板「PLU2212-DSO」発売
  8. 自転車を30秒で電動化する、E-bikeコンバージョンキット「LIVALL PikaBoost」
  9. 地球上で最も強靭な「高エントロピー合金」を発見
  10. ラズパイを使ってラップトップPCを自作しよう——透明ボディのDIYキット「LapPi 2.0」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る