新しいものづくりがわかるメディア

RSS


アールエスコンポーネンツ、 「Raspberry Pi 4スターターキット」発売

アールエスコンポーネンツは、「Raspberry Pi 4スターターキット」をRS Proブランドにて、2020年11月6日に発売した。

Raspberry Pi 4は、Raspberry Pi 3に比べて、プロセッサーの処理能力、4K映像再生などのマルチメディア対応性能、4GBのメモリー容量、ワイヤレス機能が向上しており、エントリークラスのパソコンに匹敵するコンピューティング性能だ。Raspberry Pi 4Bスターターキットは、初心者が始めるのに必要な部材が入っているキットで、 microSDカードにNOOBS OS V3.3.1がプリロードされている 。Raspberry Piにモニター、キーボード、マウス、パワーサプライをプラグインするだけで使用できる。

Raspberry Pi 4 B 4GBボードには、BCM2711プロセッサークアッドコア A72 64bit SoC、4GB SDRAM、2.4/5.0GHz Wi-FiとIEEE802.11ac、ギガビットイーサーネット、USBポート、40ピン拡張GPIOポートなどを搭載する。

2.4GHzと5GHzの両周波数対応の無線LANとBluetoothは、日本の電波法で定められた技術基準適合証明、工事設計認証、電気通信事業法の設計認証を取得済みのため、製品化する際の再申請は不要だ。

スターターキットには、RaspberryPi 4本体、USB-C電源アダプタ、デュアルディスプレイ用マイクロ HDMIケーブル2本、SDカードリーダー、32GB microSDカード、ヒートシンク3個、内部に冷却ファンを取り付け可能な独自アルミケース、ネジ、ゴム足、 スクリュードライバーが同梱されている。販売価格は9980円(税別)。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 全てのヘッドホンをスマートヘッドホンに変換する技術を開発
  2. 800種類の電子パーツを紹介——日経BP「ラズパイ工作 パーツ大全 2021-2022」発刊
  3. 太陽エネルギーを長期間貯蔵できる液体「太陽熱燃料」開発プロジェクト
  4. フィギュアの肌を美しく——Bfull、3Dプリントによる美肌表現技術を開発
  5. 会社を辞めて、カセットテープDJ装置を製品化することにしました
  6. 64ビットRISC-Vチップを搭載したLinuxボード「Nezha」
  7. MIT、古文書を未開封のまま解読する手法を開発——300年前のセキュリティを解析
  8. 街中での使用に特化した小型の風力タービン——日照日数が少ない地域ではソーラーパネルより安価でより多く発電可能
  9. ちっちゃい! 切手サイズの「Tiny2040 RP2040 開発ボード」、ケイエスワイが販売
  10. インターステラテクノロジズが「ねじのロケット」の全面改良を完了

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る