新しいものづくりがわかるメディア

RSS


面倒な組み立て作業なしで使える——折りたたみ式3Dプリンター「Foldable S2」

折りたたみ式構造の3Dプリンター「Foldable S2」がKickstarterでクラウドファンディング中だ。

Foldable S2は、FFF方式の3Dプリンター。フレーム部分を持ち上げて垂直にし、ねじ4本で4カ所をねじ留めすると、すぐに使うことができる。

Foldable S2
Foldable S2
Foldable S2

Foldable S2の操作は3.5インチタッチスクリーンで行う。ディスプレイ上でモデルのプレビューも可能だ。Foldable S2は多言語対応で、英語、フランス語、スペイン語、イタリア語、ロシア語、韓国語、中国語をサポートしているが、日本語には対応していない。

Foldable S2

スライサーにはCuraなどが使え、ファイルフォーマットはSTL、G-code、OBJなどをサポートしている。3Dプリントファイルの読み込みは、USBまたはmicroSDカード経由で行う。

Foldable S2の組み立て時の大きさは421×410×450mmで、本体重量は約7.74kg。電源電圧は110/220Vで、消費電力は240Wだ。造形サイズは235×235×250mm、造形速度は300mm/秒(最高)。XY軸の位置決め精度は10μm、Z軸の位置決め精度は4μm、積層ピッチは100~400μmだ。

Foldable S2

ノズル径は0.4mmで、フィラメントは1.75mm径のPLA、ABS、PETGなどが使える。Foldable S2はちりやほこりに強く、また静粛性も高いという。

Foldable S2の早期割引価格は、PLAフィラメント付きで1620香港ドル(約2万2000円)。出荷は2020年12月の予定で、日本への送料は399香港ドル(約5400円)だ。

Foldable S2は10万香港ドル(約135万円)を目標に、2020年11月19日までクラウドファンディングを実施するが、2020年11月12日時点で、目標額を既に達成し約10万1000香港ドル(約137万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 8mmフィルムカメラをRaspberry Piで復活——デジタルカートリッジ「Super 8 Camera Digital Conversion」
  2. まるで車輪付きの2階建てビル——世界最大の「Hummer H1」がUAEの博物館に収蔵
  3. 目を閉じても見える——網膜にARを投影するスマートコンタクトレンズを開発
  4. リニア式電源、ラズパイ対応の高音質ミュージックサーバー「MS-100」を発売
  5. タイピングした文字を手書きしてくれるロボット「PlottyBot」——Raspberry Piで製作
  6. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  7. ラズパイで放射線量を記録——ソーラーパネル搭載のガイガーカウンターDIYキット「RadSense」
  8. Raspberry PiによるPCデータレコーダーのエミュレータ「Raspberry Pi用ピーガーMODEM 【初回版】」発売
  9. 理科の授業に必要な計測/制御などを1台で——USBを挿すだけで使える道具箱「AkaDako STEAM BOX プロトタイプ」
  10. フィルムカメラをデジタル化——Raspberry Piを使った「Digital Film Cartridge for Analog Cameras」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る