新しいものづくりがわかるメディア

RSS


次世代移動支援技術開発コンソーシアム、AIスーツケースの社会実装を目指し実証実験を開始

TAG

AI

次世代移動支援技術開発コンソーシアムは、AIスーツケースの社会実装を目指した実証実験を開始した。それに先駆けて、三井不動産が管理運営する商業施設コレド室町3(東京都中央区)でデモンストレーションを実施し、その様子を動画で公開している。

AIスーツケースとは、カメラをはじめとしたさまざまなセンサーから得られる情報と、最新のAI/ロボット技術を組み合わせ、視覚障がい者が自立して街を移動して自然にコミュニケーションを取ることを助ける統合ソリューションだ。

その基本機能となる移動支援は、位置情報と地図情報から目的地までの最適ルートを探索する機能に加え、音声や触覚などによる情報提示を交えながら誘導する機能のほか、映像/センサーの情報から障害物を認識し避ける機能が搭載されている。

また、行動やコミュニケーションの支援機能も独自機能として搭載。位置情報とクラウド上の知識情報から周囲のお店案内や買い物を支援する音声対話機能に加え、表情や行動などから相手の状況を判断して円滑なコミュニケーションを支援する機能、周囲の行動を認識して行列に並ぶなどの社会的な行動を支援する機能が用意されている。

さらに、新型コロナウイルス感染症拡大への対応としての追加機能も搭載された。人とのソーシャルディスタンスを確保しながら誘導する機能や、マスク着用有無を判定して音声と触覚(振動)で知らせてくれる機能、マスク着用時でも映像から知人を認識することを支援する機能などが搭載済みだ。

AIスーツケースの実証実験は、コレド室町3をはじめ、国内の商業施設、公共交通機関、大学構内などへ拡大することを目指す。実施期間は2020年11月12日から2021年4月30日までを予定している。今後は搭載機能の性能や使いやすさを評価/検証することで、共生社会の実現に向けた取り組みを進めていくという。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 手持ちの3Dプリンターをマルチマテリアル対応に——マルチフィラメントフィーダー「3Dfeedy」
  2. 「Blender 2.9 ガイド&3DCG基本作品制作」刊行、機能や製品製作の仕方を紹介
  3. TAMIYAが2021年上半期の新製品情報を発表——「楽しい工作シリーズ」は新製品5種が登場
  4. 100均ガジェットの中身を見てみよう——工学社、「『100円ショップ』のガジェットを分解してみる!Part2」発刊
  5. ボーイング、飛行機の部品を高級家具へとアップサイクル——かつての戦闘機の射出座席が椅子として購入可能
  6. Raspberry Pi財団、Raspberry Piの最新モデル「Raspberry Pi Pico」を発表 スイッチサイエンスが入荷通知受付を開始
  7. Raspberry Piで指紋認証——静電容量式指紋センサーHAT「PiFinger」
  8. Pythonの生みの親が解説——オライリー、「Pythonチュートリアル 第4版」発刊
  9. トロテック、小型レーザー加工機「Speedy 100/Speedy 300」を日本で販売開始
  10. 昭和のオーディオ界が激震した究極のアナログテープメディア「TDK MA-R」「TDK MA-XG Fermo」「SONY Metal Master」「Maxell Metal Vertex」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る