新しいものづくりがわかるメディア

RSS


次世代移動支援技術開発コンソーシアム、AIスーツケースの社会実装を目指し実証実験を開始

TAG

AI

次世代移動支援技術開発コンソーシアムは、AIスーツケースの社会実装を目指した実証実験を開始した。それに先駆けて、三井不動産が管理運営する商業施設コレド室町3(東京都中央区)でデモンストレーションを実施し、その様子を動画で公開している。

AIスーツケースとは、カメラをはじめとしたさまざまなセンサーから得られる情報と、最新のAI/ロボット技術を組み合わせ、視覚障がい者が自立して街を移動して自然にコミュニケーションを取ることを助ける統合ソリューションだ。

その基本機能となる移動支援は、位置情報と地図情報から目的地までの最適ルートを探索する機能に加え、音声や触覚などによる情報提示を交えながら誘導する機能のほか、映像/センサーの情報から障害物を認識し避ける機能が搭載されている。

また、行動やコミュニケーションの支援機能も独自機能として搭載。位置情報とクラウド上の知識情報から周囲のお店案内や買い物を支援する音声対話機能に加え、表情や行動などから相手の状況を判断して円滑なコミュニケーションを支援する機能、周囲の行動を認識して行列に並ぶなどの社会的な行動を支援する機能が用意されている。

さらに、新型コロナウイルス感染症拡大への対応としての追加機能も搭載された。人とのソーシャルディスタンスを確保しながら誘導する機能や、マスク着用有無を判定して音声と触覚(振動)で知らせてくれる機能、マスク着用時でも映像から知人を認識することを支援する機能などが搭載済みだ。

AIスーツケースの実証実験は、コレド室町3をはじめ、国内の商業施設、公共交通機関、大学構内などへ拡大することを目指す。実施期間は2020年11月12日から2021年4月30日までを予定している。今後は搭載機能の性能や使いやすさを評価/検証することで、共生社会の実現に向けた取り組みを進めていくという。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  2. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  3. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  4. 10インチ8KモノクロLCD搭載——Anycubic、DLP方式3Dプリンター「Photon M3 Premium」発表
  5. Snapmaker、独立型デュアルエクストルーダー搭載3Dプリンター「J1」の先行予約開始
  6. 液晶が丸くなるだけで面白い、ダイヤル式デジタル万華鏡を作る
  7. シャープの懐かしPC「X68000」を復活させるプロジェクトがKibidangoに登場
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  10. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る