新しいものづくりがわかるメディア

RSS


スイッチサイエンス、電子ペーパーディスプレイを搭載したM5Stackコアシリーズの最新機種を発売

スイッチサイエンスは、「M5Stackコア」シリーズの最新機種となる「M5Stack CoreInk 開発キット」を発売した。価格3938円(税込)で、スイッチサイエンスのウェブショップで販売する。

M5Stack CoreInk 開発キットは、電子ペーパーディスプレイを搭載したM5Stackコアシリーズの最新機種だ。200×200@1.54インチ(184dpi)白黒の電子ペーパーディスプレイを搭載。表示可能エリアは27.6×27.6mm、ドットピッチは0.138×0.138mmで、長期間の読み書きに適している。低消費電力で、ディスプレイ電源が落ちてもイメージが消えず、表示が残っている点も強みだ。

製品寸法は56×40×16mm、重量は32g。制御用として、多機能ボタン×1、物理ボタン×1、ステータスLED、ブザーを内蔵している。また、タイミングやディープスリープ機能を制御するRTC(BM8563)、390mAhのLipo電池を搭載。独立したリセットボタン×1/電源ボタン×1に加え、機能拡張のための外部センサー接続用拡張ポート(HY2.0-4P、M-BUS、HAT拡張)も用意されており、背面には磁石を内蔵している。

推奨リフレッシュレートは1リフレッシュ15秒間隔で、リフレッシュレートは高くしないことを推奨。長時間紫外線に暴露するとインク画面に修復不可能なダメージを起こす場合があるという。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  2. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  3. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  4. 10インチ8KモノクロLCD搭載——Anycubic、DLP方式3Dプリンター「Photon M3 Premium」発表
  5. Snapmaker、独立型デュアルエクストルーダー搭載3Dプリンター「J1」の先行予約開始
  6. 液晶が丸くなるだけで面白い、ダイヤル式デジタル万華鏡を作る
  7. シャープの懐かしPC「X68000」を復活させるプロジェクトがKibidangoに登場
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  10. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る