新しいものづくりがわかるメディア

RSS


スイッチサイエンス、電子ペーパーディスプレイを搭載したM5Stackコアシリーズの最新機種を発売

スイッチサイエンスは、「M5Stackコア」シリーズの最新機種となる「M5Stack CoreInk 開発キット」を発売した。価格3938円(税込)で、スイッチサイエンスのウェブショップで販売する。

M5Stack CoreInk 開発キットは、電子ペーパーディスプレイを搭載したM5Stackコアシリーズの最新機種だ。200×200@1.54インチ(184dpi)白黒の電子ペーパーディスプレイを搭載。表示可能エリアは27.6×27.6mm、ドットピッチは0.138×0.138mmで、長期間の読み書きに適している。低消費電力で、ディスプレイ電源が落ちてもイメージが消えず、表示が残っている点も強みだ。

製品寸法は56×40×16mm、重量は32g。制御用として、多機能ボタン×1、物理ボタン×1、ステータスLED、ブザーを内蔵している。また、タイミングやディープスリープ機能を制御するRTC(BM8563)、390mAhのLipo電池を搭載。独立したリセットボタン×1/電源ボタン×1に加え、機能拡張のための外部センサー接続用拡張ポート(HY2.0-4P、M-BUS、HAT拡張)も用意されており、背面には磁石を内蔵している。

推奨リフレッシュレートは1リフレッシュ15秒間隔で、リフレッシュレートは高くしないことを推奨。長時間紫外線に暴露するとインク画面に修復不可能なダメージを起こす場合があるという。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 全てのヘッドホンをスマートヘッドホンに変換する技術を開発
  2. 800種類の電子パーツを紹介——日経BP「ラズパイ工作 パーツ大全 2021-2022」発刊
  3. 太陽エネルギーを長期間貯蔵できる液体「太陽熱燃料」開発プロジェクト
  4. フィギュアの肌を美しく——Bfull、3Dプリントによる美肌表現技術を開発
  5. 会社を辞めて、カセットテープDJ装置を製品化することにしました
  6. 64ビットRISC-Vチップを搭載したLinuxボード「Nezha」
  7. プラスチックの射出成形技術を応用し、高純度石英ガラスを製造するプロセスを開発
  8. インターステラテクノロジズが「ねじのロケット」の全面改良を完了
  9. 5G通信網を使ってスマホをワイヤレス充電——新しいミリ波ワイヤレス給電システムを開発
  10. 街中での使用に特化した小型の風力タービン——日照日数が少ない地域ではソーラーパネルより安価でより多く発電可能

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る