新しいものづくりがわかるメディア

RSS


独立型デュアルエクストルーダーを搭載——FFF方式の3Dプリンター「WEEDO X40」

独立型デュアルエクストルーダーを搭載したFFF方式(熱溶融積層)3Dプリンター「WEEDO X40」がKickstarterに登場し、わずか1時間で目標額の調達に成功する人気ぶりだ。最高30ポイントのKickstarter公式ベンチマークテストで、29ポイントを獲得している。

photo

WEEDO X40は、左右のエクストルーダーを同時に動かし、4つのモードの造形に対応可能な3Dプリンター。送料込みで4万円台と価格を抑えながら、タッチパネルやカメラモジュールなどを搭載しており、高い操作性と機能性を備えている。

photo

2つのプリントヘッドからは同時に溶解した樹脂材料を排出でき、同じモデルを2つ造形するコピーモード、左右対称のモデルを造形するミラーモード、色の異なる材料で造形するマルチカラーモード、種類の異なる材料で造形するマルチマテリアルモードから造形方法を選べる。フィラメントは、直径1.75mmのPLA、TPU、PVA、HIPS ABS、ウッドなどに対応する。

photo

4.3インチのタッチスクリーンとカメラモジュールを搭載し、タッチ操作や造形物のプレビュー表示、プリント過程のモニタリングが可能。また、Wi-Fi通信に対応し、専用アプリを使えばモバイルデバイスからの操作やリモートモニタリングができる。アプリはFacebookなどソーシャルメディアとも互換性があり、プリントが完了した時に通知を受け取ることもできる。

photo

他にも、電源をオンすると自動ですべての機能が正常に動作するか自己診断する機能、エクストルーダー用オートキャリブレーション機能、造形完了後の自動シャットダウン機能、停電復帰機能、フィラメント切れを検知すると作業を一時的に中止し、交換後に再開する機能などを備える。

photo

本体のサイズは540×620×600mm、重さは13.2kgで、造形エリアは300×300×400mm。造形精度はX/Y軸が11μm、Z軸が2.5μm、造形スピードは20~150mm/sだ。スライサーソフトウェアはCURA、Wiibuilderに、UIは英語、フランス語、イタリア語、スペイン語、ドイツ語、日本語、中国語に対応する。

photo

WEEDO X40は、今なら数量限定の早割価格3317香港ドル(約4万4900円)で入手できる。2020年12月の出荷予定で、日本への送料は無料だ。2020年11月28日までクラウドファンディングを実施しており、11月20日時点で7万7750香港ドル(約105万円)の目標を大きく上回る約161万香港ドル(約2163万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  2. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  3. 10インチ8KモノクロLCD搭載——Anycubic、DLP方式3Dプリンター「Photon M3 Premium」発表
  4. Snapmaker、独立型デュアルエクストルーダー搭載3Dプリンター「J1」の先行予約開始
  5. 液晶が丸くなるだけで面白い、ダイヤル式デジタル万華鏡を作る
  6. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  7. シャープの懐かしPC「X68000」を復活させるプロジェクトがKibidangoに登場
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. Liqcreate、柔軟性と高弾性を追求した光造形3Dプリンター用レジン「Elastomer-X」を発表
  10. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る