新しいものづくりがわかるメディア

RSS


3D造形モデリング時間を大幅に短縮——ストラタシスのフルカラー3DプリンターとKeyShot10が3MF形式で実現

ストラタシスは2020年11月19日、同社の3Dプリンター(J55/J8シリーズ)と、 Luxionの3Dレンダリングソフトの最新バージョン「KeyShot10」により、クリックと造形ジョブだけでCMFモデルの造形シミュレーションが可能になったと発表した。

photo 出展:Luxion

同社のフルカラーマルチマテリアル3Dプリンター(J55/J8シリーズ)とKeyshot10は、これまでの出力形式(STL、OBJ、VRML)よりも大幅に改善された3MFファイル形式をサポートしている。3MFファイル形式でデザインを保存することにより、布や木材のようなテクスチャーを3Dでシミュレーションするための色やバンプ/ディスプレイスメントマップとともに、3D造形用ファイルの作成が可能になる。また、2021年にはさらなる機能強化が予定されている。

Keyshot10は今回のバージョンアップに伴い、フルカラー3Dプリント用のオプションとしてSmart Export機能が実装されており、上記の3MFファイルでのエクスポート機能はその一環となる。

ストラタシスによると、従来のモデリングでは最終イテレーションに1~3週間を要していたのに対し、3MFファイルのサポートとKeyShot10により、CMFモデルの3D造形モデリング時間を1日に短縮できると推定している。このワークフローにより、デザインプロセスでCMFデザインフェーズをより早期に開始でき、迅速な市場投入やモデリングの内製化が可能になる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 手持ちの3Dプリンターをマルチマテリアル対応に——マルチフィラメントフィーダー「3Dfeedy」
  2. 「Blender 2.9 ガイド&3DCG基本作品制作」刊行、機能や製品製作の仕方を紹介
  3. TAMIYAが2021年上半期の新製品情報を発表——「楽しい工作シリーズ」は新製品5種が登場
  4. 100均ガジェットの中身を見てみよう——工学社、「『100円ショップ』のガジェットを分解してみる!Part2」発刊
  5. ボーイング、飛行機の部品を高級家具へとアップサイクル——かつての戦闘機の射出座席が椅子として購入可能
  6. Raspberry Pi財団、Raspberry Piの最新モデル「Raspberry Pi Pico」を発表 スイッチサイエンスが入荷通知受付を開始
  7. Raspberry Piで指紋認証——静電容量式指紋センサーHAT「PiFinger」
  8. Pythonの生みの親が解説——オライリー、「Pythonチュートリアル 第4版」発刊
  9. トロテック、小型レーザー加工機「Speedy 100/Speedy 300」を日本で販売開始
  10. 昭和のオーディオ界が激震した究極のアナログテープメディア「TDK MA-R」「TDK MA-XG Fermo」「SONY Metal Master」「Maxell Metal Vertex」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る