新しいものづくりがわかるメディア

RSS


3D造形モデリング時間を大幅に短縮——ストラタシスのフルカラー3DプリンターとKeyShot10が3MF形式で実現

ストラタシスは2020年11月19日、同社の3Dプリンター(J55/J8シリーズ)と、 Luxionの3Dレンダリングソフトの最新バージョン「KeyShot10」により、クリックと造形ジョブだけでCMFモデルの造形シミュレーションが可能になったと発表した。

photo 出展:Luxion

同社のフルカラーマルチマテリアル3Dプリンター(J55/J8シリーズ)とKeyshot10は、これまでの出力形式(STL、OBJ、VRML)よりも大幅に改善された3MFファイル形式をサポートしている。3MFファイル形式でデザインを保存することにより、布や木材のようなテクスチャーを3Dでシミュレーションするための色やバンプ/ディスプレイスメントマップとともに、3D造形用ファイルの作成が可能になる。また、2021年にはさらなる機能強化が予定されている。

Keyshot10は今回のバージョンアップに伴い、フルカラー3Dプリント用のオプションとしてSmart Export機能が実装されており、上記の3MFファイルでのエクスポート機能はその一環となる。

ストラタシスによると、従来のモデリングでは最終イテレーションに1~3週間を要していたのに対し、3MFファイルのサポートとKeyShot10により、CMFモデルの3D造形モデリング時間を1日に短縮できると推定している。このワークフローにより、デザインプロセスでCMFデザインフェーズをより早期に開始でき、迅速な市場投入やモデリングの内製化が可能になる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. cmレベルの高精度RTK-GPS測位ができる拡張ボード「GPS-RTK HAT for Raspberry Pi」
  2. 放射性中性子を排出しないクリーンな核融合——コンパクトで高効率な水素-ボロン核融合炉を計画
  3. ラズパイとLTEを搭載——防塵防水55インチ4Kモニター発表
  4. 発がん性物質などを含まない、光造形3Dプリンター用レジン「エキマテ」改良版が発売
  5. ラズパイにハードウェアクロックを——「Raspberry Pi 400用 RTCモジュール」
  6. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  7. カットもできる、10万円以下の組み立て式レーザーカッターLazervidaを使ってみた
  8. ラズパイやJetson Nanoを最大8個搭載可能なクラスターケース
  9. 第1回 ラズパイってなんですか
  10. DINレール対応ラズパイケース——Raspberry Pi 4B用アルミケース発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る