新しいものづくりがわかるメディア

RSS


3D造形モデリング時間を大幅に短縮——ストラタシスのフルカラー3DプリンターとKeyShot10が3MF形式で実現

ストラタシスは2020年11月19日、同社の3Dプリンター(J55/J8シリーズ)と、 Luxionの3Dレンダリングソフトの最新バージョン「KeyShot10」により、クリックと造形ジョブだけでCMFモデルの造形シミュレーションが可能になったと発表した。

photo 出展:Luxion

同社のフルカラーマルチマテリアル3Dプリンター(J55/J8シリーズ)とKeyshot10は、これまでの出力形式(STL、OBJ、VRML)よりも大幅に改善された3MFファイル形式をサポートしている。3MFファイル形式でデザインを保存することにより、布や木材のようなテクスチャーを3Dでシミュレーションするための色やバンプ/ディスプレイスメントマップとともに、3D造形用ファイルの作成が可能になる。また、2021年にはさらなる機能強化が予定されている。

Keyshot10は今回のバージョンアップに伴い、フルカラー3Dプリント用のオプションとしてSmart Export機能が実装されており、上記の3MFファイルでのエクスポート機能はその一環となる。

ストラタシスによると、従来のモデリングでは最終イテレーションに1~3週間を要していたのに対し、3MFファイルのサポートとKeyShot10により、CMFモデルの3D造形モデリング時間を1日に短縮できると推定している。このワークフローにより、デザインプロセスでCMFデザインフェーズをより早期に開始でき、迅速な市場投入やモデリングの内製化が可能になる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ラズパイで動くレトロな超小型デスクトップPCを自作
  2. 厚さはたったの11mm——世界最薄とうたうRaspberry Pi Zero搭載「ラジカセ」
  3. ネオンを編む!? サイバーパンクな編み物で、輝くニット帽を作ってみた
  4. 特集はMicroPython——CQ出版、「Interface 2023年3月号」発売
  5. 1年半で国産ドローンを量産——金沢発、群制御に特化したドローンショー用機体「unika」を生んだスタートアップの歩みと未来
  6. ハッキング手法を試行してプログラミング学習——ラズパイマイコン搭載USBデバイス「HackyPi」
  7. ラズパイとAndroidでオシロスコープを——Raspberry Pi Picoオシロスコープ向けアナログ基板「PLU2212-DSO」発売
  8. 自転車を30秒で電動化する、E-bikeコンバージョンキット「LIVALL PikaBoost」
  9. 地球上で最も強靭な「高エントロピー合金」を発見
  10. ラズパイを使ってラップトップPCを自作しよう——透明ボディのDIYキット「LapPi 2.0」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る