新しいものづくりがわかるメディア

RSS


昆虫が運んで設置する小型センサーを開発——ビルの6階から落としても壊れずに着地

ワシントン大学の研究チームは、人々がアクセスしにくい場所でも設置できるワイヤレス小型センサーを開発した。小型ドローンや昆虫に付けて飛ばし、好きな場所に投下して情報収集できる。研究結果は2020年9月24日、「MobiCom 2020」で発表された。

センサーの大きさは1セント硬貨よりも小さく、重さは98mg。小型のドローンやスズメガにセンサーを搭載して飛ばす様子が動画で確認できる。センサーには磁気ピンを搭載し、Bluetoothの通信コマンドを受信すると、ピン周りのコイルに電流が流れて磁界が生じ、ピンが外れて飛翔体から切り離される仕組みだ。

高所から投下しても壊れない工夫もしている。重さのあるバッテリーをセンサー基板の端に設置することで、落下時の回転動作で抗力が発生して落下速度を時速18km程度にとどめ、22mの高さからでも壊れずに着地させることができたという。着地後は、温度や湿度データを約3年間収集できる。

「昆虫は、長距離を飛行できるし、ドローンよりも狭い場所を通り抜けるのが上手だ。小型ドローンや蛾のような昆虫から放出されるセンサーは、初めてのものだ」と、Shyam Gollakota准教授は説明する。このシステムは、軍用ヘリコプターが物資を投下する様子からインスパイアされたという。

研究チームは、今後バッテリーの太陽電池化、センサーのネットワーク化を計画しており、農業、林業、環境モニタリングなどの利用を見込んでいる。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  2. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  3. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  4. Creality製の光造形3Dプリンター「HALOT-ONE PLUS」、サンステラが発売
  5. 透かし彫刻磁器という古くからある芸術形式を3Dプリントし、目の見えない人も見える人も共有可能なデータ形式を作製
  6. 1.54インチ正方形LCD基板「Squary」——「RP2040」または「ESP-12E」を搭載
  7. LEGO、教育用プログラミングロボットシリーズ「マインドストーム」を2022年年内で販売終了
  8. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  9. 工学社が書籍「『Raspberry Pi』から広がる電子工作の世界」を発売
  10. 柔軟な構造の分散型波力発電装置が特許を取得——風に揺れる建物や自動車が走行する道路などからも発電できる可能性

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る