新しいものづくりがわかるメディア

RSS


認識精度を約99%まで向上——小売業向けインベントリー管理ロボット「Tally 3.0」

Simbe Roboticsは2020年10月22日、商品や棚の認識精度を約99%まで向上したインベントリー管理ロボット「Tally 3.0」を発表した。人より正確に管理でき、在庫切れや過剰在庫などを防ぐことで売り上げの向上や、コスト削減に貢献するとしている。

photo

Tally 3.0は、自律的に商品棚のスキャンとリアルタイムな在庫管理が可能な小売業向けインベントリー管理ロボット。最新モデルは、光学系性能やデータ処理機能の強化、耐久性と操作性の向上などプラットフォームをアップデートした。

photo

Tallyは2015年の発売以来、独自のHCD(Human Centered Design)アプローチにより優位性を保ってきた。Tally 3.0は、新たなオートフォーカス機能に奥行感覚を改善する最新のセンサーを組み合わせることで、光学系性能を高めている。新たなオートフォーカス機能は棚のタグの捕捉や、30インチ(762mm)離れた場所のデータの読み取りができ、ロボットの認識精度を約99%まで高める。

photo

また、Tallyのベースを高くすることで インテル「RealSense」の深度/RGBカメラが商品棚を良く見渡せるようになり、棚最上段のストック品まで把握することができる。これらのアップデートにより、移動スピードを落とすことなく、あらゆるタイプの商品棚から正確にアイテムを捉えることができる。

photo

コンパクトでスリムなボディーを継承しながら、最新のモバイル技術を採用することでコスト効果と耐久性を高めている。最小限のメンテナンスで高いパフォーマンスを長期間維持し、1台につき5000マイル(約8047km)以上の走行寿命を備える。さらにNVIDIAのGPUコンピューティングプラットフォーム「Jetson」を採用し、ディープコンピュータビジョンや最新AIアルゴリズムのランニングにより処理能力を強化している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  2. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  3. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  4. 10インチ8KモノクロLCD搭載——Anycubic、DLP方式3Dプリンター「Photon M3 Premium」発表
  5. Snapmaker、独立型デュアルエクストルーダー搭載3Dプリンター「J1」の先行予約開始
  6. 液晶が丸くなるだけで面白い、ダイヤル式デジタル万華鏡を作る
  7. シャープの懐かしPC「X68000」を復活させるプロジェクトがKibidangoに登場
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  10. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る