新しいものづくりがわかるメディア

RSS


AI音声認識の誤変換を楽しむ——「第1回 大ごにんしき大賞」の結果が発表

文字起こし活用推進協議会は「第1回 大ごにんしき大賞」を実施し、2020年12月1日に結果を発表した。

大ごにんしき大賞は、ヒトとAIが一緒に作業をすることで生まれる面白い世界を募集した大賞で、スマートスピーカーやスマートフォンの誤認識による応答に思わず笑顔になってしまった話や焦ってしまった話などを8月1日~9月30日に募集していた。この中から、大賞1作品、佳作5作品が選出された。

大賞にはペンネーム「みー」さんの作品が選ばれた。

私「OK google 生まれてくる赤ちゃんの名前は何がいい?」
スピーカー「あなたにはまだ早いです」

妊娠中に夫と子供の名前を考えていてなかなか決まらなかったときに面白半分で聞いてみました。夫と2人で大笑いしました。

佳作賞のうち、アドバンスト・メディア賞にはペンネーム 春日山さんの「どこにいる?」が受賞した。

福祉施設で行われたスマートスピーカー体験会に参加。グーグルのスピーカーに、今いる場所が分かるか聞いてみたくて、「今どこにいる?」と尋ねたら、「私はいつもそばにいます」大笑いしました。

また、エフスタイル賞にはペンネーム「猪野那由多」さんの応募作品「Siriは幸せよー」が選ばれた。

暇だったので音声認識で検索して遊んでいました。歌詞も検索できるかなと思ってどれみの歌の歌詞の「シーは幸せよー」を何気なく音声認識させたら「Siriは幸せよー」に変換されました。私のスマホのSiriは幸せみたいです…。

大賞には5万円分のギフト券/記念品等、佳作賞の5名には1万円分のギフト券/記念品等が贈られる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry PiをFAに活用——コンテック、計測制御用HAT「CPIシリーズ」発売
  2. ステンレスにも刻印できる準産業グレードのレーザー加工機「LaserPro」
  3. トンボをヒントにした羽ばたき式飛行機を開発
  4. 燕三条発——黒酸化加工ステンレス製シェラカップがMakuakeに登場
  5. 体温をバッテリーに利用する、自己修復型ウェアラブル熱電発電機を開発
  6. プログラミング上級者は脳活動が洗練されている——コード解析時の脳活動パターンが明らかに
  7. スイッチサイエンス、植物栽培向けM5Stack用水分測定センサ付き給水ポンプユニットを発売
  8. FLINT、M5Stackをパネルにマウントするためのキット開発
  9. 学生起業→就職→渡米を経て建機スタートアップ起業 ARAV白久レイエス樹が歩んだ10年
  10. ドローンを使った果樹収穫サービス——AI技術を活用して市場に出せる果実を選別して収穫

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る