新しいものづくりがわかるメディア

RSS


はんだ付けして組み立てるだけ——プログラミング不要の歩行ロボットキット「Bakiwi」

はんだ付けをして組み立てるシンプルな歩行ロボットキット「Bakiwi」がKickstarterに登場し、出資を募っている。

photo

Bakiwiは、電子部品やモーター、ボディパーツなどをセットにしたロボットキット。組み立てとロボット操作を通して、はんだ付け、エレクトロニクス、メカニクスについて学ぶことができる。

ロボットの歩き方は、基板に取り付けた4つのポテンショメーターのつまみや、脚の取り付け角度を変えることで調整できるため、コーディングや専用アプリは不要だ。触覚はタッチセンサーとしても機能する。脚や触覚の部品も付属しているが、自分の好きな素材を取り付けてオリジナルのロボットを作ることができる。

photo

マニュアルをはじめ、パターン図や3Dプリント製のボディパーツ、ソフトウェアはGitHubで公開している。習熟度にもよるが、組み立てと飾り付けで2~5時間程度かかるとしている。

キットには、基板、マイコン、抵抗、コンデンサ、ポテンショメーター、モーター、LED、バッテリーホルダー、ボディパーツなどを含む。はんだやペンチ、ドライバーなどの工具は用意する必要がある。価格は70ユーロ(約8800円)から。出荷は2020年12月の予定で、日本への送料は25ユーロ(約3200円)だ。

photo

Bakiwiは、2020年12月27日までクラウドファンディングを実施中。12月14日時点で、目標額2800ユーロ(約35万円)に対して、約3800ユーロ(約48万円)を集めて、プロジェクトを達成している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  2. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  3. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  4. 10インチ8KモノクロLCD搭載——Anycubic、DLP方式3Dプリンター「Photon M3 Premium」発表
  5. Snapmaker、独立型デュアルエクストルーダー搭載3Dプリンター「J1」の先行予約開始
  6. 液晶が丸くなるだけで面白い、ダイヤル式デジタル万華鏡を作る
  7. シャープの懐かしPC「X68000」を復活させるプロジェクトがKibidangoに登場
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  10. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る