新しいものづくりがわかるメディア

RSS


家族それぞれが楽しめる新しいリゾートツーリズム——「親子が楽しむワーケーションとスタディケーション体験 in 南紀白浜」

白浜館、グルーヴノーツ、ランドリームは、2020年12月26~27日に和歌山県南紀白浜で、「親子が楽しむワーケーションとスタディケーション体験 in 南紀白浜」モニターツアーを初開催。モニター参加者を募集中だ。

photo

本ツアーは、国土交通省観光庁の「誘客多角化等のための魅力的な滞在コンテンツ造成」実証事業として採択されたもの。リゾート地ならではの癒しや心の豊かさを体感すると共に、家族1人ひとりの「個」を尊重し、親にとっての「ワーケーション」や「大切な自分時間」と、子どもにとっての「スタディケーション」や「最新テクノロジーを学びながら遊ぶ楽しさ」を両立させる新たなリゾートライフプログラムだ。

photo

子ども向けのアクティビティコース「テクノロジーで遊ぼう!テックパーク ウィンターキャンプ in 南紀白浜」は、小学1~4年生向けの「ベーシックコース」と小学5年生~中学生向けの「アドバンスコース」が用意され、Scratchやグルーヴノーツが開発したAIブロック、Viscuit、micro:bitなどのビジュアルプログラミング学習ソフトを使い、パソコンの基本操作からプログラミングや電子工作などを体験する。

photo

親向けのアクティビティコースは、ワーケーション施設での働き方体験やヘルスケアをセットで利用する「こころとからだに優しいワーケーション体験コース」、真鯛などを船釣りする「釣り好きのための本格的釣り体験コース」、那智山熊野三山を専用バスで巡る「熊野古道を巡る最強のパワースポットバスツアーコース」の3コースだ。

各アクティビティコース参加費、昼食2日分、子供用教材費などは無料(集合・解散場所から自宅までの交通費、ツアー日程中の宿泊代、朝夜の食事代は各自負担)。募集人数は親子モニター3組、子供ITキャンプのみの参加者15名。 参加条件を確認の上、申し込む必要がある。

申し込みはテックパークの専用サイトから。申し込み期間は、12/14(月)~12/18(金)で、定員を超えた場合の抽選結果は12月21日(月)に当選者宛にのみ個別に連絡がある。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  2. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  3. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  4. 10インチ8KモノクロLCD搭載——Anycubic、DLP方式3Dプリンター「Photon M3 Premium」発表
  5. Snapmaker、独立型デュアルエクストルーダー搭載3Dプリンター「J1」の先行予約開始
  6. 液晶が丸くなるだけで面白い、ダイヤル式デジタル万華鏡を作る
  7. シャープの懐かしPC「X68000」を復活させるプロジェクトがKibidangoに登場
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  10. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る