新しいものづくりがわかるメディア

RSS


プログラミングではやぶさ2を小惑星にタッチダウン、JAXAがプログラミング教材を無償で公開

宇宙航空研究開発機構(JAXA)が、プログラミング教材として「ロケット編」「はやぶさ2編」を無償公開した。

2020年度からプログラミング教育が小学校で必修化され、2021年度からは中学校にも拡充されることを受け、JAXAは宇宙教育教材を開発してきた。すでに「人工衛星編」「地球観測編」の2つを公開済みで、今回のロケット編とはやぶさ2編はこれに続く形となる。

ロケット編では、ロケット打上げゲームを作りながら、プログラミングの基礎やロケットの特徴を学べる。はやぶさ2編では、小惑星リュウグウへの突入の際に実行したタッチダウン運用をプログラミングで再現する。

どちらも、プログラミングの基礎に宇宙の要素を取り入れた内容だ。主に小学生~中学生を対象としており、個人利用や授業での教育活動目的であれば誰でも利用できる。

パソコンとインターネット環境があれば使用できるため、家庭でも利用可能だ。事前準備として、Scratchのインストールと本教材のダウンロードが必要となる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 電源不要! ソーラーIoTデバイスを3万円台で作ってみた
  2. 小型バーコードスキャナーを作れるRaspberry Pi用拡張ボード「Zero Barcode HAT」
  3. 独自のアルゴリズムで不可能を可能に——3Dプリントでエアロスパイクロケットの実用化を目指す
  4. スイッチサイエンスが「Raspberry Pi Pico」新製品を販売開始
  5. ペットボトルを1週間で分解——プラごみの環境問題を解決するプラスチック分解酵素を発見
  6. ELEGOO、10インチ8KモノクロLCD搭載3Dプリンター「Saturn 2 8K」の先行予約を開始
  7. 3Dプリンター製液体ロケットエンジン「E-2」が試験燃焼でフル推力を達成
  8. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  9. 品質を維持したまま造形速度を2倍に——ミシガン大学発、3Dプリンター用ソフトウェア「FBS」
  10. 電気を使わずビニールテープ製フライホイールで動く8脚ロボット、発進!

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る